InstagramTokyo Mac Facebook
最新のWindowsは、
macOSで。
Sierra の機能で
Windows 10を使おう。
いよいよ登場した「macOS Sierra」。
最も注目される「Siri」。MacのSiriでWindowsのアプリをコントロール。
ファイルをiCloudに逃がしてやり、空きスペースを確保してくれるOptimized Storage。仮想マシンのファイル管理にもうってつけの機能です。
その他、新たなMacの機能が、そのままWindowsの様々なことに使用できるのです。
【動画】
SiriでWindowsアプリも
コントロール。
百聞は一見に如かず・・・
SiriでWindowsのアプリケーションを起動する様子の動画をどうぞご覧ください。
これまでとは違う、
特別な OS を
あなたの Mac で使えます。
史上最高のWindowsは、Macで使う。
PC、タブレット両方で使いやすくなったスタート画面。
「webサイト自体」に直接、情報を書き込め、共有ができる新たな 発想のブラウザ Microsoft Edge。
並行する作業を圧倒的に効率化できる「仮想デスクトップ」。
そして、Windowsユーザーならずとも、気になるパソコン用パー ソナルアシスタント「コルタナ」・・・
他にも数えきれない新機能を搭載したこの新たな Windows を、Windows 10専用のアプリケーションの数々をあなたの Mac でこそ使ってみましょう。
【動画】コルタナをMacで使おう。
マイクロソフトの音声アシスタント「Cortana(コルタナ)」。
Parallels Desktopで起動するWindows 10も対応しています。つまり、あなたのMacでコルタナが操作できるようになります。

右の動画を御覧ください。

パラレルス 12 で、Siriとコルタナの「ふたりのアシスタント」を!
Windows Inkを
Macで使おう。
Windows anniversary updateで登場した「Windows Ink」。
タブレットPCとタッチペンだけでなく、マウスで使用できる機能も。

特に「画面スケッチ」などは、スクリーンショットをそのままキャンバスに見立てて加工、トリミングなど可能な秀逸機能。
もちろんパラレルスなら、コピーしてそのままMacのアプリケーションにペーストできます。
Office 2016 で図形や注釈を手描き入力。
MacBook タッチパッド、外付けマウス、またはペンデバイスを使用して、Excel、PowerPoint、または Word に描画します。
これらがMacで実行できます!
チューンナップ
パフォーマンスUP。
仮想マシンの各パフォーマンスがさらにアップしました。
例 ブートスピードテスト
Windows 10
ログオン画面まで
10.5
Windows 10
ログオンからデスクトップ表示まで
35.7
Windows 10
ログオン画面まで
8.4
Windows 10
ログオンからデスクトップ表示まで
27
※act2によるテスティング結果より
例 旧バージョン Parallels Desktop 11 for Macとの比較
最適化されたRAMの仮想マシンのサスペンドモードからの復旧
60% UP
最適化されたRAMの仮想マシンにおけるスナップショット(バックアップ機能)
90% UP
少ないMacメモリー環境で仮想環境がより高速に動作。
50% UP
新機能
「解像度保持オプション」対応。
 マルチディスプレイで仮想マシン。デスクトップの解像度が保持できるようになりました。
マルチディスプレイでパラレルスを使用する事ができる「フルスクリーンを全てのディスプレイに使用」がオンの場合、
メインディスプレイとサブディスプレイそれぞれのデスクトップの解像度を保持できようになりました。
メインディスプレイとサブディスプレイそれぞれのデスクトップの解像度を保持できる。
新機能
仮想マシンの起動オプション機能。
常時、Windowsを使用する場合などに。
パラレルスおよび仮想マシンの起動オプションの設定に「常にバックグランドで待機」と自動スタート欄に「ユーザーのログイン時」が追加されました。

常に Windows 仮想マシンを使用するユーザの方には便利なオプションです。
新機能
キーチェーン保存。
WindowsパスワードもMacで管理できます。
Microsoft Edge と Internet Explorer で使用したパスワードを Mac の Keychain.app に保存できるようになりました。

Mac と Windows 間でシームレスなパスワード管理が行えます。
Keychain.app はアプリケーション > ユーティリティ > キーチェーンアクセスから起動できます。
新機能
メンテナンス。
Windows Update のインストールスケジュールを制御できるようになりました。

設定したメンテナンス時間に、自動的にコマンドプロンプトが起動。パッケージ化された Update をインストールします。

メンテナンス設定が ON の場合には Windows Update は一切更新されないので、不意の更新作業が不要になります。
新機能
macOS Sierra での
タブのサポート。
仮想マシンのウィンドウをタブに整理します。
複数のディスプレイでフルスクリーンでも利用できます。
新機能
Parallels VMs
プラグインの追加。
macOS で新たに追加されたストレージ管理に Parallels VMs プラグインが追加され、「ディスク空き容量を増やす」ウィザードを使用して、数回のクリックで仮想マシンが使用するディスクスペースを最適化できます。
また、Parallels Desktop の仮想マシンが使用するストレージを表示します 。
「史上最高の Windows」と言われている Windows 10。

PC、タブレット両方で使いやすくなったスタート画面。
「webサイト自体」に直接、情報を書き込め、共有ができる
新たな発想のブラウザ Microsoft Edge。
並行する作業を圧倒的に効率化できる「仮想デスクトップ」。
そして、Windowsユーザーならずとも、気になるパソコン用
パーソナルアシスタント「コルタナ」・・・
さらにWindows Anniversary アップデートで、数々の機能が追加。

Parallelsが、Windows 10 と Mac OS X の架け橋としてお手伝いします。
❶ マイクロソフトからダイレクトに購入。
❷ Parallels なら、まずはテスト入手(無料)もOK。
仮想マシンの新規作成ウインドウから、ダイレクトにWindows10の購入も可能です。また、【Modern IE テスト環境】には、Windows XPやVista、7の他、Windows10が無料でテストできるデータがダウンロードできます!(サポートなどは一切ありません。機能も制限されていますが、まずはWindows10の基本を知るには十分です)
もちろん、PCマシンで既にWindows10をご利用の方は、Parallelsに移行できます。

Windowsだけじゃない!Android OS、Chrome OS、
Ubuntu・・・様々なOSの機能制限版が無料で入手できます。
Parallels 無料アプライアンス画面では、たくさんの「機能制限版OS」がダウンロードできます。Windows10までの過去のWindows OSはもちろん、Chrome OS、Android OS、Ubuntu・・・
Windows
スタートメニュー。
Windowsの新しいスタートメニューです。
Windows 7 のスタートメニューが復活し、その中に Windows 8 のスタート画面のようなタイルが表示されている「いいとこ取り」の機能です。このスタートメニューをユーザー独自にカスタマイズすることにより、「最初から効率的な作業」をすることが可能です。
2016年のWindows Anniversary アップデートから再度、新たなスタートメニューに進化しました。
タブレットモード。
MacBookシリーズやマジックトラックパッドをご利用の場合などは、Windows 8.1 のように画面いっぱいにパネルが広がる「タブレットモード」が便利かもしれません。
左サイドバー・ショートカット。
左サイドバーには、使用頻度の高いアプリのリンクと一緒に、「エクスプローラー」や「設定」などのショートカットがいくつか表示されます。ここに「ドキュメント」「ミュージック」「ネットワーク」「個人(フォルダ」などお好みのショートカットを追加することも可能です。
MicroSoft Edge
Macでエッジ。
待望の「機能拡張」スタートしました!
インターネットエクスプローラーに代わり登場した Windows 10 専用ブラウザもMacでどうぞ。Web ノートを使うと、Web ページにメモや図形を直接手描きしたり、注釈を加える。さらにそれをワンタッチで共有。
そしていよいよ「Windows 10 Anniversary update」から自分好みのEdgeが作れる拡張機能が搭載可能に。
Webに描こう。
閲覧中のwebページに、直接手書きメモ。マーカーで強調もできます。消しゴム付。Macユーザーでもこの機能はちょっと羨ましいので、Macで使っちゃいましょう!
機能拡張登場!
いよいよ、待望の「機能拡張」がEdgeにもお目見えしました。
拡張機能の種類は毎日のように増えています。あなただけの便利機能でEdgeをパワーアップできます。(写真:EVERNOTE Web Clipper)
仮想デスクトップ
Windows 10も効率的に。
仮想的なデスクトップを作成して切り替えながら作業できる新機能「仮想デスクトップ」。Parallelsのフルスクリーンモードでディスプレイいっぱいに拡げたWindows 10も、この機能でいつでもスッキリ。
(例)デスクトップ1に、カレンダーとエッジを登録。
デスクトップ2に、エクセルとフォトを登録。
瞬時にデスクトップの1と2を切り替えて効率的に作業可能となります。
音声アシスタント・コルタナ
Macで使う。
コルタナをMacでも使いましょう。Windows 10への命令ばかりではありません。
例えば、MacのアプリケーションもWindows 10でのコルタナへの命令で起動する こともできます。
Siriとコルタナ。ふたりの優秀なアシスタントをもつ贅沢を!
動画でみる「Macで使うコルタナ」
ロック画面でもコルタナ使用がOKに。
その他様々な点が強化されています。
Windows Ink
Macのマウスでどうぞ。
デスクトップで。マウスで。
Windows Anniversaryから登場した新機能「Windows Ink」。
タブレットとタッチペンのものだけではありません!
付箋(ポストイット)機能などの他、特にオススメしたいのが「画面スケッチ」。
Windowsの任意の画面を即、撮影(スクリーンショット)。
そして、スクリーンショット自体がキャンバスになります。
iOS「メモ」のように定規が現れたり、トリミングできたり、
そしてそのままコピーしてMacのアプリでペーストも。
もちろん、すべてをMacのマウスで。
Windows 10 アプリケーション
MacでWindows!
タブレットやWindows Phoneでも使用できるWindows 10アプリの数々。
あなたのMacで試してみましょう!
ParallelsとWindows10をインストールした日から、Mac APP StoreとWindows Storeの両方をチェックする日々がスタートするかもしれませんよ。
フォト(標準搭載)
今までWindows標準の画像ビュワーとして「Windowsフォトビューアー」がありました。Windows 10からは「フォト」アプリとして変貌。
ビュワー機能だけではなく、かなりガッツリと編集可能なアプリに。
Instagramでお馴染みのフィルター、コントラスト、影、濃淡・・・
今まで「コレはMacのPhotoshopで仕上げないと・・・」という写真も、「フォト」の編集だけで十分かもしれません。
調整ハンドルの斬新なU.I。
タブレットを意識してデザインされているようですが、マウスカーソルでも操作感は抜群です。
パラレルスの共有機能で、Mac側に保存されている写真も、Windows のフォト上で作業、管理可能です。
Windows マップ(標準搭載)
目的地までの経路、電車利用の場合の乗換情報、交通量表示、衛星写真表示にまで対応。
地図上に経路が表示されます。乗換情報などは徒歩時間などかなり細かい情報が入手できます。
Adobe Photo EXPRESS
画像編集アプリ(無料)
ちなみにiPhone、iPad版はあるがMac版はナシ。Windows 10 デスクトップでどうぞ。
「パラレルスは初めてだ」「仮想化は初めて」という方のためにParallelsで出来ることをサクッとまとめてみました。
ただし、あくまでも基本中の基本機能だけ。
まだまだたくさんの機能が搭載されているのが、パラレルスなのです。
「MacでWindows」を実行するなら、パラレルスをお勧めします。
Boot Campのように、いちいちMacを再起動するわけではなく、Mac起動中にWindowsも同時に実行。
Mac OS とWindows OS があなたのMacで完全に共存できるのです。

さらに、Windows OS は、Windows XP から Windows 10 までの歴代の OS が起動可能。
「まだ、しばらくはWindows 7 を使いたい」というあなたにも安心です。
【ウインドウモード】はパラレルスの基本的なモード。
「MacとWindowsが同時に起動する」ことが一目超然です。
もちろん、ウインドウは他のMacのアプリケーション同様、サクサクと動かすことができます。
【フルスクリーンモード】Macの画面を完全にWindowsのデスクトップだけの状態にする機能。Windowsだけの作業に集中したい時などはこのモードで。Boot Camp での Windows 起動時と同様です。
【モダリティモード】Windows をサムネイル化して、小さく表示。もちろん、表示は小さくても作動していますので、時間のかかる処理を待っている時などにも役立ちます。
【コヒーレンスモード】Windows アプリケーション「だけ」を表示させるモード。Windowsのデスクトップは非表示となりますので、WindowsアプリがまるでMacのアプリのように操作できます。
Mac と Windows のファイル共有方法も簡単です。ファイルをそれぞれの デスクトップからドラッグ・アンド・ドロップするだけで、共有可能です。
さらに、共有設定をしておくだけでもMacとWindowsでの共有可能です。
Mac と Windows のハードウェア共有も可能。例えば、外付けHDD、USBメモリ、プリンター、スキャナーなどの外部ハードウエアが Mac と Windows の両方で使用可能に。

デバイスを Mac に接続するだけで、Mac と Windows のどちらで使(するか選択することが可能です。さらに、FireWire や サンダーボルトにも対応。
Parallels Desktop 12 for Mac
システム要項
  • macOS® Sierra 10.12、OS X® El Capitan 10.11.5、OS X Yosemite 10.10.5 またはそれ以降を搭載した Mac コンピューター
  • 4 GB の RAM (8 GB を推奨)
  • ブートボリューム (Macintosh® HD) に約 850 MB のハードディスク空き容量 (Parallels Desktop インストール用)
  • 仮想マシンに割り当てるディスク領域 (パフォーマンス向上のために SSD ドライブを推奨)
  • インターネット接続 (製品のアクティベーション、アップデート、および一部機能の利用に必要)
  • Windows またはその他のオペレーティング システムが必要 (別売)
サポートされるゲスト OS* (32 ビット OS)
Windows 10
Windows 8.1
Windows 8
Windows 7 SP1
Windows Vista SP0、SP1、SP2
Windows Server 2008 R2、SP2、SP1、SP0
Windows Server 2003 R2、SP2、SP1、SP0
Windows XP Professional SP3、SP2、SP1、SP0
Windows XP Home SP3、SP2、SP1、SP0
Windows 2000 Professional SP4
Windows 2000 Server SP4
Windows NT 4.0 Server SP6
Windows NT 4.0 Workstation SP6
 
Windows ME
Windows 98 SE
Windows 95
Windows 3.11
MS-DOS 6.22
Red Hat Enterprise 6.x、5.x、4.x
Fedora 25、24、23、22、21、20、19、18、17、16、15
Ubuntu 17.04、16.10、16.04、15.10、15.04、14.10、14.04、13.10、13.04、12.10、12.04、11.10、11.04、10.10、10.04
CentOS 5.x、4.x
Debian 6.0、5.0
Suse Linux Enterprise Server 11 SP2
Suse Linux Enterprise Desktop 11
OpenSUSE Linux 12.1、11.4
Mandriva 2011、2010
Solaris 10
Open Solaris 2009.06
Chrome OS
FreeBSD 8.x、7.x
OS/2 Warp 4.5、4
eComStation 1.2
Mac OS X Snow Leopard Server 10.6.x
Mac OS X Leopard Server 10.5.x
Andriod OS
サポートされるゲスト OS* (64 ビット OS)
Windows 10
Windows 8.1
Windows 8
Windows 7 SP1
Windows Vista SP0、SP1、SP2
Windows Server 2012
Windows Server 2008 R2, SP2、SP1、SP0
Windows Server 2003 R2、SP2、SP1、SP0
Windows XP Professional SP2
Red Hat Enterprise 7.x、6.x、5.x
Fedora 20、19、18、17、16、15
Ubuntu 13.10、13.04、12.10、12.04、11.10、11.04、10.10、10.04
CentOS 7.x、6.x、5.x
Debian 7.0、6.0、5.0
 
Suse Linux Enterprise Server 11 SP2
Suse Linux Enterprise Desktop 11 SP2
OpenSUSE Linux 12.1、11.4
Mandriva 2011、2010
Solaris 10
Open Solaris 2009.06
Oracle Solaris 11
FreeBSD 10.x、9.x、8.x、7.x
macOS Sierra 10.12
OS X El Capitan 10.11
OS X Yosemite 10.10
OS X Mavericks 10.9
OS X Mountain Lion 10.8
Mac OS X Lion 10.7x
Mac OS X Lion Server 10.7.x
Mac OS X Snow Leopard Server 10.6.x
Mac OS X Leopard Server 10.5.x
新規ダウンロード版
特別価格:7,450円(税込)
新規パッケージ版
特別価格:7,450円(税込)
乗換パッケージ版
完売しました!
USBメモリ版
特別価格:9,500円(税込)