InstagramTokyo Mac Facebook
個人の趣味が、キックスターターでUKから世界へ。
移動は、楽しい冒険だ!
キックスターターで製品化が決定した瞬間、いちはやく世界のメディアが目をつけ、
瞬く間にその「革新的な新しいナビゲーション誕生」のニュースが拡散されました。

iPhoneでBeeLineアプリを起動したら、目的地を「ポン」とタップするだけ。これでiPhoneの出番は無し!
後は、BeeLineの大きな矢印の方向に好きな道を好きなように走っていれば、目的地に到着するのです。

矢印と共に、目的地までの距離も表示。距離が短くなっていればちゃんと近づいてる証拠。
好きな道を自由に走っているのにどんどん目的地までの距離が短くなっていく快感。
まるでロールプレイングゲームでゴールや宝物に近づいていくあの感覚・・・

ナビアプリの「次の交差点を左に曲がって」「ルートをそれています」「元に戻って」などは一切無縁。
ママチャリだと明らかに危険な車道を通る必要もナシ。走行途中での地図の確認ももちろん不要です。

BeeLineは一瞬で自転車にセットできます。ファミリーサイクル(ママチャリ)、クロスバイク、マウンテンバイク、
ロードバイク、小径車(ミニベロ)、折りたたみ自転車、ビーチクルーザー、電動自転車...あらゆる自転車に使えます。
もちろん、iPhoneを自転車にくくり付ける必要は一切ありません。
走行中にiPhoneは一切不要です。いつものようにバッグやポケットの中にどうぞ。

帰宅したら、iPhoneのBeeLineアプリを起動してみましょう。
走行距離、時間、ルート詳細が自動的に保存されてあなたの「冒険」が記録されています。

人間の「感覚」とテクノロジーの絶妙なバランスで開発された、デジタルコンパス。それが、BeeLineです。
「Google Mapを忘れる。これは、もっと使える。」
「少ない情報で、より自由になれる。」
「今までのGPSデバイスよりもずっと楽しい。」
「BeeLineは自転車に超シンプルなGPSナビゲーションを提供します。」
「革新的なGPSナビゲーションシステムがKickstarterから生まれた。」
「この滑らかな動きの小さくスマートなコンパスは、どの方向に進めば良いのかを教えてくれる。」
「これはやられた!意図的に"曖昧"にされた自転車用ナビゲーション。」
「BeeLine GPSデバイスは、自転車のナビゲーションをシンプルにすることを目指す。」
「都市のルートファインダーBeeLineは自転車に楽しいナビを追加します。」
「何でも便利になってきた時代に、あえてシンプルな製品を生み出したのには深い意味があるように感じます。」(swingsマガジン)
「ビーラインをつかえば、脇道にそれてもストレスがありません。」(moov.ooo誌)
「カーナビとは違い交差点ごとにどちらかに曲がるかを知らせる訳ではなく、目的地の方向と距離のみを知らせてくれるので到着までの景色などもゆっくりと楽しめます!」(NHKまちかど情報室)
あなたはこの矢印の方向に進むだけ。
正しい道も、間違った道もありません。大丈夫。
ちゃんと、あなたが選んだ道で目的地に着きます。
BeeLineは、今までのナビデバイスとは違う、超シンプルなデバイスシステム。iPhoneで目的地を登録したら、あとはBeeLineの矢印の方向に漕ぐだけ。まずは、近所の目的地でテストしてみてください。あなたが知らなかった道、通れないと思っていた道、思いがけずに合流していた道・・・そんな未知のルートを使って、いつの間にか目的地にゴールしているのです!
そこには、最短ルートも危険だと感じていた車道はありません。矢印に向かって、あなたが選んだ道を、ただただ進めば良いのです。目的地までの距離が表示されますから、距離が短くなっていけば、正しく目的地に近づいているということになります。
途中で気になった景色やお店が発見できたら、どんどん寄り道しましょう。矢印は常時見ている必要はありません。時々、チェックするくらいで十分です。「あっち」「こっち」だけで、目的地に着く。まさに冒険。
自転車へのセットは超カンタン。一瞬です。
ママチャリからロードまで、どんな自転車にも搭載OK!
BeeLineは、自転車への搭載方法もシンプル。ケースを開けてそのままケースごとセットするだけ。ハンドルにも搭載できるし、ステムでもOK。もちろん、ファミリーサイクル(ママチャリ)、クロスバイク、マウンテンバイク、ロードバイク、小径車(ミニベロ)、折りたたみ自転車、ビーチクルーザー、電動自転車...あらゆる自転車に使えます。
矢印と目的地までの距離以外の機能・表示も。
時間・速度・バッテリー残量なども表示OK!
BeeLineは、ナビの矢印と目的地までの距離表示がメイン。でも、やっぱり慣れてくるといろいろ確認してみたくなってくるかもしれません。ボタンをタッチしていくだけで、時間、現在の速度、BeeLineとiPhoneのバッテリー残量までちょっとしたプチサイクルコンピュータ的に確認できます。その他、様々なシーンで活躍してくれるのがBeeLineのメモリインピクセル液晶画面なのです。
バッテリーは連続使用約30時間。
数ヶ月使用が無くても、すぐに使えます。
ハンドルでiPhoneのバッテリー残量が
確認できるのも自慢です。
BeeLine本体のバッテリーは、バックライト不使用の場合は連続使用約30時間。
バックライトを常時点灯の場合でも約10時間駆動します。(交互の場合は約20時間前後)また、バッテリー確認モード画面ではiPhoneのバッテリー残量も確認。いちいちバッグやポケットからiPhoneをとり出す必要はありません。
急な雨でもあわてないで。
防水&耐衝撃仕様です。
BeeLineは、防水仕様。急な雨でも、そのままご利用いただけます。
(雨天の走行にはくれぐれもご注意を)
さらに、ケース部分のシリコンラバーが衝撃を吸収するように設計されていますので、悪路での使用でも問題ありません。
iPhoneを自転車にセッティングして使用するナビアプリに不安を感じていた方も、BeeLineなら安心です。
夜間走行も安心。
バックライト。
バックライトモードにしておけば、夜間の走行も大丈夫です。
夜間になると自動でバックライトモードに入る機能も搭載。
ステンレススチール製キーリング。
突然の「BeeLine気分」のために。
BeeLineには、ステンレススチール製のキーリングが同梱されています。キーホルダーに付けて、気軽に持ち歩くのが気分。
時間が空いて、「ちょっとブラブラしたいな」という時こそBeeLineタイム!空き時間に冒険しよう。
シリコンストラップケースは3カラー。
自転車の色にマッチさせるも良し、
反対色で目立たせるも良し。
BeeLineのシリコンストラップケースは3カラーバリエーション。
あなたの自転車の色、ライトなど他のアイテムの色、とにかく自分のテーマカラー・・・
選ぶのもまた楽し。これからの冒険を共にする相棒ですから、とことん迷ってみてください。
目的地の登録は、BeeLineアプリで。
テキスト入力不要。目的地をタップするだけです!
BeeLineの目的地はBeeLineアプリで登録します。登録方法は・・・地図の目的地をタップするだけ。
これだけで、すぐにナビをスタートできます。もちろん、住所や場所を入力しての登録もOKです。
BeeLineアプリの地図で、目的地をタップするだけ。
目的地が登録されました。
これだけです。ナビボタンを押せばすぐに出発OK。
ハンドルをドラッグすれば位置を任意の場所に移動できます。
ゴミ箱アイコンをタップすれば、目的地登録をやり直せます。
寄り道ポイントを追加する。
寄り道したいポイントも、タップだけで追加登録できます。
このポイント(図のオレンジのポイント)をウェイポイントと呼びます。
多くの寄り道ポイントを追加しておくと、目的地までのルートをフィックスできます。
「今日は冒険気分のサイクリングではないので、最短ルートで行きたい」という場合、途中の目印となる場所にどんどんウェイポイント(寄り道ポイント)をタップしていけば、「予めルートの決まった」道を通ることができます。
「前のウェイポイント」「次のウェイポイント」はBeeLine本体のタッチボタンを押すだけで指定できます。
冒険の記録を、自動的に保存。
帰宅してからの楽しみもBeeLine。
BeeLineで走った記録は自動的に保存されます。さらに定番アプリケーション「Strava GPSランニング&サイクリング」に完全連動。
シェアしたり、冒険の途中で撮影した写真を絡ませたり、帰宅してからがまた楽しみが待っているのがBeeLineなのです!
BeeLineで走ったルート。
「旅の記録」として自動保存されます。タップするだけで、
Google Mapの「地図」「ハイブリッド」「衛星」モードをチェンジ。
冒険の途中で撮影した写真に、
BeeLineのルートと走行距離をレイアウトできます。
「Strava GPSランニング&サイクリング」に完全連動機能により、BeeLineで走行中に撮影した写真と走行ルート図と距離がレイアウトされた冒険の記録をタップだけでつくることができます。もちろん、そのままシェアしたり、カメラロールに保存したり・・・
よりインパクトの強い記録として残ります。これはぜひゴールデンウイークに使いたい機能です!
開発者より。
「初めは製品化するつもりもなく、自転車にただ単に
コンパスを付けて、迷子になっていました(笑)。」
BeeLine 開発チームデザイン担当 John Marshall氏
(過去にもトライテンシル/Kanoなどのヒット製品をデザイン)
「初めは製品化するつもりもなく、自分のアイディアでただ単に自転車に
コンパスを付けて、迷子になっていました(笑)。
コンパスという発送は従来のナビと大きく異なるので、まずはアプリを
開発してテストしてみたのですが、想像を超える結果となりました。
路地などに引っかかってしまうかと予想していたのですが、まったく問題ありませんでした。

どこへ行っても迷うこと無く、移動を楽しい冒険にしてくれたのです。
発案後は、専門家でチームをつくり完成に至りました。
どんな時でも視認可能なようにメモリインピクセル液晶にしてバックライトも搭載して
耐衝撃、耐水性を実現できました。
キックスターターでは当初の目標額を大幅にオーバーして、こうして世界へ向けて
一般販売までできるようになりました。

あなたのまだ知らない、自転車での冒険を!BeeLineとiPhoneがお手伝いします。」
  • ■BeeLineアプリ対応機種

    iPhone:iOS 9.2以上対応のもの
    Android:Google Play対応の4.4 KitKat以上のもの
    Bluetooth 4.0 機能 以上のもの
  • ■本体サイズ

    本体直径:65mm
    幅: 18mm
    ストラップの長さ:190mm
  • ■充電コネクター

    マイクロUSBコネクター
  • ■バッテリー

    電池容量:350mAh

    バックライト不使用時:連続使用約30時間
    バックライト点灯時:連続使用約10時間
    点灯・不使用が交互の時:約20時間
    バッテリー待機期間: 約2〜3ヶ月
  • ■ディスプレイ

    メモリインピクセル液晶
    解像度:240×240
    作用面積の直径:30mm
  • ■センサー

    加速度センサー
    ジャイロスコープ
    磁力計
  • ■プロセッサー

    ARM Cortex
  • ■接続方法

    Bluetooth 4.0 low energy
  • ■素材

    シリコンラバー
    ナイロン
    ABS樹脂
    ガラス
  • ■インターフェイス

    4x capacitive touch buttons
  • ■防塵・防水

    カバー装着時:IP66
    [セット内容]
    ・BeeLine(本体・シリコンストラップケース)
    ・マイクロUSB充電ケーブル
    ・ステンレススチール製キーリング
    ・説明書(英語)
    ※日本語チュートリアルは、BeeLineアプリに記載されています。

    [推奨される設置部分の直径]
    直径20mm〜35mm

    [カラーバリエーション]
    レッド
    グレー
    ブルー