Tokyo Mac Blog

 

iUSBport CAMERA 2 の専用アプリ(無料)を
いじくり回してみました。

 ipadpro

さてさて、巷でウワサの Wi-Fi 非搭載カメラでリモートライブビュー撮影できる&その他機能満載「iUSBport CAMERA 2」。コイツの専用アプリをザクッといじくってみましたので、詳細レポートを。iPad Proについてもチラリと。

 

2

iPhone、iPad、Android、そしてMac版までアリ

iOS 版もAndroid 版もあります。ほとんど機能は同じ。Mac版も。ただし、Mac版は全英語表示。機能もモバイルデバイス版と少し異なる箇所もありましたが、Mac版があるというのはMacユーザーには嬉しいっすね。もちろん、すべて無料です。そして、iOS 9での駆動も検証済み!

 

appstore

GPLAY

3

 

起動すると、もう「キヤノンカメラ」アイコンが。写真の上のカメラのアイコンの方をタップ。(下のiPadのアイコンは、カメラコントロールせずにビュワー、写真共有のみ)。

 

4

とにかくまずは、撮影して、
iOSデバイスに保存してみました。

アプリが表示されると、いきなりブラック画面になるので驚かないように。ライブビューボタンをタップしていないので、この状態です。が、とにかく、iUSBport CAMERA 2 を装着したデジイチで撮影してみましょう。

「自動保存インジゲータ」が入っていれば(写真:赤丸の部分)、サムネに表示されていく写真たちが既にiPhoneやiPadのカメラロールに保存されています。この機能だけでも欲しい方は多いんじゃないかと!WiFi転送機能非搭載のカメラ、トランスミッター、WiFi SDカードなどをまったく使っていない方は、ここでちょっと小さく感動かも。「リモコン撮影とかやらないから、この機能だけでじゅうぶん」てな人も多いみたいですよ。

 

5

 

アプリのダッシュボードはこんな感じ。下に撮影された写真サムネ。右にコントローラー。普段、カメラ本体で使っている機能の多くがiPhone、iPad、スマホ、タブレットで操作できる感じです。シンプルなレイアウトですが、各ボタンをタップしていろいろな設定ができるわけです。

 

6

ライブビュー撮影。やばい・・・ハマりそう・・・

では、ライブビューボタンをタップしてみましょう。

 

7

 

おお!!!!普段、カメラ本体の液晶ファインダーしか使ったことのない身には、コレ、かなり新鮮です!!この瞬間にビビッときました。あ、ライブビュー撮影ハマるかも・・・。

撮影したサムネをタップすると、ライブビューに代わって、撮影(保存)済みの写真が表示されます。

サムネイルに表示されるアイコンはこんな感じ。iPhoneやiPad、スマホに保存されるとカメラアイコンが消えます。

 

8-1

 

8

タテ使い、ヨコ使い。
両方に利点アリ。

ちなみに、iPad版、iPhone版を並べてみました。搭載機能は同じですが、とうぜん、タテとヨコではレイアウトが変わります。iPhone 6 Plus ユーザーのヒトなら、ヨコ型で使うとかいいかも。

ビューを広く観たいなら、やっぱりヨコ型。でも、タテ型には大きな機能が隠されているのです・・・・・・

 

10

 

タテ使いの場合、撮影した写真2枚をタップして比較検討ができるのです。「コッチ残し。こりゃ、明らかにダメだな」なんて比較できるのは何かと便利。そのままゴミ箱アイコンをタップして削除。

 

ipadpro

12.9インチディスプレイベタ置きでテザー撮影。
撮影に持ち歩くべきはMacBook Proではなく、
iPad Proにとって変わるかも・・・

 

そして、iPad Pro!あの12.9インチのretina大画面がiUSBport CAMERA 2にとって強力な武器になるんですよ。大画面でテザー撮影ですよ。
もしかしたらですよ・・・もしかしたら、カメラマンが持ち歩くべきはMacBook Proではなく、iPad Proにとって変わるかも・・・なんて思ったりするんですよ。iPad Pro導入してから・・・・・・Apple Pencilとかキーボードとかは実は単なる噛ませ犬だったんじゃ・・・という妄想さえ抱かせる・・・最大の機能はこのサイズ・・・。

なにしろ、まずMacじゃ12.9インチのタテ型じゃ使えないじゃないですか!!デスクに12.9インチディスプレイベタ置きでテザー撮影ってヤバイっすよ。

例えばこのタテ使い写真検討モードも、通常iPadのタテよりもさらにデカくデカく細部まで確認できるのでモアベター!やっぱり、デカイは正義だったと実感・・・

iPad Pro + iUSBport CAMERA 2 については、こちらのブログにこそっとまとめてみました

 

解説

 

「ソレ」がiPhone、iPadでできるという不思議

ダッシュボードのカメラのアイコンをタップすると、カメラ設定が表示されます。カメラの機種により変わりますが、だいたい上の図のような感じだと思います。

16

 

試しに、シャッタースピードと絞りをカメラ本体側でカチカチっと選択すると、(当たり前なんですが!)ちゃんとアプリ側も切り替わります。いや、なんだか嬉しくて!

 

11

 

まずは、簡単なトコロでISO設定。タップして【適合】タップで完了。

 

14

これも個人的には頻繁に使うホワイトバランス。うん!スマホでコレができるのは何かといい。

 

露出補正

 

露出補正をiPhoneで。の図です。

 

シャッタースピード

 

シャッタースピードと、ドライブモード。

 

イグジフ

 

ヒストグラムもバッチリ。

 

15

微速度撮影(タイムラプス・Time Lapse)もiOSデバイスで。星空、植物関連撮影のヒトにはきっとヨサゲですよ〜。試してみました。カメラ本体をまったく触っていないのに、勝手にパシャパシャと撮影がスタートしてまたまた不思議な気持ちに。最早、一眼レフカメラがiPadのカメラレンズになってるという逆転の錯覚?

 

18

リモート撮影。コレもまたハマる。

 

さて、ライブビュー撮影に満足していたのですが、さらにその先のリモート撮影というやつをやってみました。まずは、オートフォーカスで。コ〜レがおもしろい。iPhone、iPad、スマホの画面をクリックしてピント合わせするのです。すると、カメラ本体のレンズが「ギギギ・・・」と勝手に動き出してピンを合わせます。

 

20

 

普段、個人的にはやったことないのですが、焦点合成という撮影をやってみました。この撮影方法、知らなかったんでWikiで調べたのですが、これこそリモート撮影向きなんじゃないでしょうかね。

微小標本のデジタルアーカイブ化や小型機械部品の観察・品質管理・評価に用いられる。(wikiペディア)

全部にピンが当たった状態で撮影できるという感じでしょうかね。俄(にわか)知識です。つか、Wikiのテキストを読んで言ってるだけです。どなたか詳しい方、ご伝授ください。

 

21

 

ライブビューの表示位置を調節して撮影していきます。

 

22

 

なるほど、これで焦点を合成していくという感じなんですね。カメラ本体じゃ一生使わなかったであろう撮影方法を、iPadでやってみる、という。オモシロイ!

 

12

アプリ設定。Apple TV でテレビ出力もできる。

さて、順番が前後しちゃいましたが、ラストに「アプリ設定」を。保存方法とか、位置情報の有無とか、サムネイルのサイズ、テレビ出力なんかもここで設定しておきます。詳細は【マニュアル】(抜粋)でどうぞ。

 

13

 

EL_1

Mac アプリ。セパレート仕様がありがたい。

インストールしておくと何かと便利そうなMac版もあります。エルキャピタンでもバッチリ動きますよ。ダウンロードはこちら。

 

EL_2

 

MacのWiFi設定で、iUSBcamを選択。あとは、モバイルデバイスアプリと同じです。

EL_3

モバイルデバイス版とは違って、メイン画面、ダッシュボード、サムネスペースがセパレート仕様。コレはウインドウをあっちゃこっちゃに動かすMacにはありがたい!

 

EL_4

AEB撮影中。モバイルデバイス版アプリ同様、様々な機能で撮影できますよ。室内の本気のブツ撮りとかは、iPadよりもMacで撮影しちゃうのもアリかも。つか、MacもOKとなるとまたいろいろ遊べそう・・・

 

27

設定画面。Mac版はすべて英語です。自動ダウンロードする際のフォルダ選択や、RAWかJPEGかなど諸々設定できます。Adobe Lightroomカタログにダイレクトにガンガン保存している方も多いとのこと。

 

menu

 

 

 

2

さてさて、とにかく機能が多いので、ザクザクっとお伝えしてまいりましたが、まだまだ奥が深そう。つか、明らかに深い。この続きは、近々にまた Tokyo Mac ブログにて!動画モードや、スマホ(Android)版、それにApple TV でのライブビューなんかもレポート予定です。

 

iUSBport CAMERA 2 製品詳細

デジカメWatch(インプレス)

 

iPad ProとiUSBport CAMERA 2がドハマリっ!レポート