Tokyo Mac Blog

tittle_2

 

 

2

iPhoneスキャナー&ライトのSnapLite。
iUSBportでスキャン画像を保存してみる。

 

iPhoneユーザーの間では既に人気製品。東急ハンズとか雑貨系のショップでもよくみる「SnapLite」。言わずと知れたiPhoneがスキャナーになってしまうという、しかも、普段はスタンドライトとしてインテリア雑貨として使えるという逸品。コイツでスキャンした画像を、iPhoneやiCloudではなく、メモリーや外付HDDに入れてしまおうというテストをしてみましたよ。

 

9

まずはSnapLiteにiPhoneを載せてスキャン。このレーザーが意味なく(いや、意味あるんですが)好きです。かっこいい。このレーザーがスキャン台になるんですね。スキャン可能な範囲です。

 

4

で、リスちゃんのスキャンボタンを押してスキャン。

 

5

スキャンされた画像の共有ボタンを押すと、「iUSBportで開く」が表示されますのでタップ。あ、お隣の「Documentsで開く」でも大丈夫です。同じことです。どちらでも、iUSBportに接続されているUSBメモリや外付HDDに保存できます。

 

6

今回は、専用アプリのiUSBportの方で。保存したいスキャン画像を選択してコピー。あとは、USBメモリや外付HDDの任意のフォルダにペーストするだけ。今回はわかりやすいように「スキャナー」というフォルダを作っておきました。

 

7

スキャン画像程度のファイル容量なら、もう、パッという感じで保存完了です。例えば、大事な書類のスキャン、クラウドに置くにはちょっとヤバめな何か(笑)のスキャン画像などはローカルディスクに保存しときましょ。

 

1

 

top

というわけで、軽いレポートでしたが、iUSBportシリーズはこういう他のガジェットとかにもイロイロと応用できるので、ひとつ手元にあるととっても便利なのよ〜!というお話です。もちろん、iUSBport3兄弟のどれも使えました。ちなみにシャレオツデザインもSnapLite(こちらはグッドデザイン受賞)にマッチしています。

 

PFU SnapLite 

iUSBport 2

iUSBport HD

iUSBport CAMERA 2

 

ブログ・「iUSBport CAMERA 2の専用アプリをいじくり回してみました」

ブログ・「カリフォルニア州フレモント生まれの強烈ギア・iUSBport HD」