Tokyo Mac Blog

 

 

tittle

 

1

ハイパージュース専用 Type-Cケーブル発売。
MacBook(2015)の充電が可能に。

 

 

さてさて、いよいよの発売ですよ。(新しい)MacBook(2015)ユーザーのみなさんが首長族状態で待ちわびていたハイパージュース用の「TYPE-C」専用ケーブルの発売です。

これで、ハイパージュースはMacBookシリーズの現行モデルと、2006年あたりからのヴィンテージモデルのほぼすべての新旧MacBookシリーズの充電が可能になったわけです。

ややこしいので、「(新しい)MacBook(2015) 」は、以下、「MacBook」とさせていただきますね。

 

4

 

Apple純正アダプタと同様
「USB-PD」規格準拠。

さてこのハイパージュース専用 TYPR-Cケーブル、ただ単に「ハイパージュースにMacBookを繋いで充電する」だけのケーブルではないのです。USB TYPE-Cのひとつの特長である、最大20V5Aで通常のUSBに比べて約10倍の電力。MacBookをお家で、純正アダプタで充電する時にはこの速い電源供給(満充電で約2時間)を堪能できるんですが、通常のモバイルバッテリーとUSB TYPE-Cケーブルを繋いで充電してもその恩恵には預かれません。某社モバイルバッテリーでMacBook満充電までをテストすると、約4時間30分以上・・・遅すぎる・・・家に帰って充電した方が・・・という。

で、ハイパージュース専用TYPE-Cケーブル+ハイパージュースの場合はどうか?通常のモバイルバッテリーと違い、ハイパージュースはUSBのコネクタではなく、DCアウト端子から充電するので、純正アダプタでの充電時間と同じなのです。外出先でもお家のコンセントでの充電同様に満充電まで約2時間。外出先でも高速です。

 

5

 

ハイパージュース222wモデル(+Type-Cケーブル)とMacBook。もちろん、Type-Cケーブルはハイパージュース1.5の全モデル(60/100/150/222Wh)に対応。

 

3

 

MacBookをテザリング(インターネット共有)で使うことも何かと多いかと。テザリング中はiPhoneのバッテリー消耗も心配(テザリングはけっこうiPhoneのバッテリー食います)。ハイパージュースでMacBookとiPhone同時充電中の図。ちなみに、ハイパージュースのUSBポートは12W仕様。iPhone(5W)をiPad(12W)の電源アダプタで充電するのと同じで、5WのiPhone用Apple純正電源アダプタより早く充電できます。すげーっ!

 

2

 

MacBook、サイズ感といい、キーストロークといい、大胆なポート設計といい、使っていくとその魅力がわかってくるんですが、如何せん39.7Whのバッテリーは小さい・・・使い続けて来年の今頃はおそらくもっとちっちゃくなっちゃってるハズ・・・という不安感克服のためにもハイパージュース+専用Type-CケーブルはMacBookユーザーさん超必携でございます。

販売代理店さんの方から、既にご購入の方からの感想が届いたとのことですのでご紹介。

 

「充電速度も1分で1%程上がるので約2時間での 急速充電も問題なく行われる状況でした。」
( HyperJuice 1.5 60Wh + Type-C DC ケーブル + MacBook ユーザ様)

 

「MacBookがフル充電されました。所要時間は2時間3分でした。今回発売されたのはHyperJuiceとMacBookをつなぐ専用のUSB-Cケーブルだけですが端子形状などから専用品でもあり、そういった点ではついにMacBookに完全対応した外部バッテリーが誕生したと考えて良いと思います。」
(HyperJuice 2 100Wh + Type-C DC ケーブル + MacBook geekles サイトより)

 

 

FAA

アメリカンエアラインのパイロットが使うiPad。

追記。
FAAと旅客機の公認バッテリーのこと。

既にご存知かとは思いますが、このハイパージュース、アメリカ連邦航空局(FAA)が公認する唯一のモバイルバッテリーとなっています。全てのフライトの全ステージ。以前、日本でも旅客機で何かのバッテリーが燃えたか何かで騒ぎになっていました。空のバッテリー事故は一歩間違えるとヤバイ。そんな航空関連が認める唯一のバッテリーパックなんですからこれはもう100%に限りなく近い信頼性と断言しちゃって良いかと思います。

さらにさらに、ハイパージュースはパイロットや乗務員が旅客機内に持ち込む電子マニュアル(iPad Electronic Flight Bag)のためのiPadの公認モバイルバッテリーにもなっているのです。これは、カンタス、シンガポール、ブリティッシュエアウェイズと世界各国。

米軍仕様で、連邦航空局公認。これはもう定番とか鉄板とかいうレベルではないでしょう。あまり知られていないのですがハイパージュースの開発元はカーチャージャー(MacBookの車のシガーソケットからの充電)の危険性に関しても指摘していて、実際に安全で経済的なカーチャージャーマジックボックス」で商品化しています。コレに関してもTokyoMacで後日レポりますね。あと、日本の航空会社の機内持ち込みバッテリーについても、実際に航空会社関連に取材したり、いろいろと追っかけ鋭意取材&編集してますんで、今しばらくお待ちを。

 

【Hyperjuice充電対応】Type-C 対応 DC ケーブル(入荷待ち)