Tokyo Mac Blog
tittle

2

WiFi機器が飛び交ってる場所。
そんな時のテザー撮影はコイツでイケるのだ!

 

 

そろそろとヤバくなってきたみたいっす・・・WiFi機器の2.4GHz周波数帯が。世の中、気がついたらアレもWiFi、これもWiFi、ソレもWiFi、そこもWiFi、ここもWiFi・・・

経験ありませんか?自宅のWiFiだとスンナリいってた接続が、カフェや会社やその他諸々の場所でなんだか不安定だなあ、なんてことが・・・

これ、同じ周波数帯(2.4GHz)無線LANが多すぎて起こる現象らしいです。ヤバイです。ただでさえスマホやPCのWiFiが行き交っているところに、IoTとかですから。世間は。いやー!これ以上やめて!この周波数に入って来ないで!
まさか、ほとんどすべての人間がWiFi機器を持ち歩く時代が来るとは・・・ってな感じで・・・

ということで、iUSBport CAMERA 2を、例えばみんなスマホでWiFi使ってて、PCなんかも常時何台もツナギっぱで・・・なんて場合・・・例えば、カフェやスタジオなんかで撮影に使用した時に少し接続が途切れるかも・・・と思ったら、スグにコレをお試しください!スンナリ、安定アクセスで撮影できます。

 

1
イメージ的にはこんな感じ。2.4GHzの周波数帯で同じ場所で実に様々なWiFi機器が使われてちゃってる状態。不安定になるわけです。これを、iUSBport CAMERA 2に5GHz 300Mbps USBアダプタ(別に購入する必要ありませんよ!同梱されてますから)をセットしてまったく異なる周波数帯の5GHz帯で使えるようにする。基本的に自分しかいない。この場所、貸し切り状態。

 

3

iUSBport CAMERA 2のUSBポートに、付属のUSBアダプタを挿します。これだけ。TokyoMacスタッフのテストでは、一度オフる必要もない感じでした。

 

5

挿入すると、すぐに本体のLCDディスプレイに「WiFiドングルのセットが完了しましたぜ!」という小気味良い返事。

 

4

で、デバイスのWiFi設定で、「5GBのiUSBcam」の方を選択。これだけ。至極簡単。下のiUSBがいつもの2.4GHzってわけね。

 

6

はい!あっけなく繋がりましたよ。そんなに異常にWiFi機器が使われてるわけでもないTokyoMac編集部でテストしても、確かに若干高速になったのかも・・・?・・・いや、iUSBport CAMERA 2は基本的に通常の場所では安定してるのでご安心を!撮影中になんだか今日は繋がりが悪いぞ・・・てな時のために常時携帯しておくと良いかも、です。

繋がりにくい場所でサイト閲覧中やメール受信中に「あれ?なんだか繋がりが遅い・・・」なんて場合なら「ちぇ!後にしよう」で終わりますが、シャッターチャンスが最重要なテザー撮影ですからそうも行きません。そんな理由で開発元がこんなイイカンジの付属品を用意してくれちゃったわけです。わかってるなぁ。という。

 

iUSBport CAMERA 2

 

iPad ProとiUSBport CAMERA 2がドハマリっ!レポート

新型 iUSBport CAMERA 2 がいよいよ日本発売。コレ、かなり使える!

iUSBport CAMERA 2 の専用アプリ(無料)をいじくり回してみました。

iUSBport CAMERA 2 を iOS 9 で検証。

iUSBportシリーズにHUB。Macナシで4〜5台のストレージにアクセス。

Apple Pencil‎が気になる今だけれど、「紙」に描いてUSBメモリに保存。