Tokyo Mac Blog
iusbport2

official

microSDカードを
iUSBport 2・iUSBport CAMERA 2の
埋め込み型SDXCストレージとして使おう。

 

これ(iUSBport 2)自体もストレージになっていれば、もっといいのに・・・」というツイートがありました。キックスターター生まれのWiFiアダプタの「iUSBport 2」。
このiUSBport 2にひっそりと搭載されている「microSDカードスロット」が実は使えるんですよ・・・

microSDって、Appleユーザーにはとってはほぼ無関係と思いがち・・・SDカードならMacにスロットあるし、デジイチなんかで馴染み深いんですが、どうにもmicroSDってAndroidってイメージがありません?

 

microSD

キャップ付きという(いい意味での)存在感の無さ。
「これだけ感」で使える。

で、「microSDカードスロット」です。基本的にiUSBport 2は、USBメモリか外付けHDDなどをUSBポートに挿入して使うわけですが、本体サイドにスロットが搭載されていることをすっかり忘れていました。キャップ(フタ)が付いて、本体に溶けこんでるので忘れられがちな機能・・・

ここにスッとmicroSDカードを差し込んでキャップをしてしまえば、もう小さな箱だけ。そうです。「iUSBport HD」が外部ディスクを挿入しなくても、ストレージとして使えるのと同じで、弟分のiUSBport 2も、microSDを常時差し込みっぱなしにしておけば、このiUSBport 2自体がストレージ内蔵になるという。

もちろん、2つのUSBポートに挿入したUSBメモリとか外付HDDとの同時接続もOKです。

 

smart

本体のUSBポートに外部ディスクを挿入しなくとも、「これだけ」でハンディサイズのストレージとして使える感覚です。もちろん、USBポートに他のディスク(USBメモリ、外付HDDなど)を挿入して3つのストレージ同時アクセスも可能です。
islice
最近流行し始めたMacBook Air・Pro用の「埋め込み型SDXCストレージ」と同じ考え方です。この使い方すると、やっぱり、確実にiUSBport 2の中にはmicroSDカード入れっぱ状態になりますよ!
画像:iSlice(8mobility)
SDCARD_NEW

iPhoneの128GBモデル分確保っ!

そこで、気になってくるのがmicroSDカードの容量。ちなみに、microSDカードは・・・

microSDXC/microSDHC/microSD

とありまして、4GB以上の大容量モデルは、microSDHC。最近では128GB、200GBなんていう超大容量モデルもありましてそれが、microSDXCとなります。microSDHCやmicroSDXCは対応していないガジェットもあります。

そしてもちろん、iUSBport 2は、microSDHCにもmicroSDXCにも完全対応。例えば、128GBのmicroSDXCを入れっぱにしておけば、それだけでiOSデバイス用の128GB専用ストレージになるわけですよ。

Xperiaなどのスマホとか、Androidタブレットの方々はとっくにそれが可能となっていたわけですが、ご存知のように、iCloud志向のiPhone6sの内部容量は16GB・64GB・128GBのみ。128GBのmicroSDXCがそのまんま、iPhoneの最大容量モデル分となるんだからこれは無視できないでしょ?俄然盛り上がりを見せつつある4K系の映像データやハイレゾ音源保存なんかもガンガンイケちゃいますよ。

どんどん安くなってますよ〜、microSDって・・・

 

アップ

iUSBport CAMERA 2にも搭載。

そして、iUSBport CAMERA 2にもmicroSDスロットは搭載されていることも覚えておいてください。デジイチ撮影データをガンガンiPhone、iPadに転送してると容量も不安になってきます。カメラからiUSBport CAMERA 2を外さずに(そして、USBメモリや外付HDDをセットせずに)撮影済みデータを保存しちゃいましょう。

 

bag_1

 

bag_2

めちゃめちゃ気軽にマイポケットクラウドを持ち歩く。バッグの中には、iUSBportだけポイッと放り込んでおきます。

 

iUSBport 2 商品詳細

 

TokyoMacブログ一覧ページはこちらです