Tokyo Mac Blog

2

カオス状況の中、
早くもシーズン2が登場。
カラダが悦ぶツールも。

 

GWの elago シーズン1発表から一ヶ月。噂がウワサを呼び、4つの製品が完売〜再入荷を繰り返すカオス状況の中、早くもシーズン2が登場しました。elagoという、カリフォルニア(サンディエゴ)のクリエイティブチームがどういう集団なのかということはシーズン1の解説ブログをどぞ。端的に言うと、「Apple愛に満ちたチーム(Appleクレイジーたち)」なのです。

 

さて、シーズン2。一挙4プロダクツをザクザクっと。

 

5

最速リニューアル登場!
「徹底的に細部まで詰めたぜ」

出ましたっ!!elagoのFacebookでチラリとティーザー的な画像がアップされていたので期待していたアレです!最速登場!前バージョンはApple Storeでも人気製品になっていたんで、買った人も多いかも。

LED フレキシブル ワークライト 2」。MacBookのUSBポートに挿入すれば、手元を照らしてくれる便利過ぎるアレ。アレのニューバージョンです。

 

3

さすがの「細部まで詰める」elagoチーム。ユーザーの意見から取り入れた新機能、設計見直しというだけあって、このテの製品ではデザインはピカイチなのは当たり前として、機能も間違いなくベストですよこれ。

 

まずはなんと、サイズを14cm以上も短くしてきました!だいぶコンパクトです。
LEDの光はけっこうな距離を照らせるので、フレキシブルのアーム部分はそんなに長さは必要なかったという感じでしょうか。かさばらなくなったおかげで、バッグの中にも入れやすい。ナイスです。

 

7

 

さらにお馴染みの「タッチ・オン・パッ」と、ライト先端部分をチョイっと触れるだけのオンオフスイッチ機能に、2段階照度機能が搭載。来た来た。チョイっと1タッチで270ルクス。チョイチョイっと2タッチで560ルクス。3タッチで消灯。MacBookでの作業に夢中になってる時、変に面倒くさい調光だとイラッとしますが、これなら最高。

 

6

 

LEDは10発搭載。

 

30

あと、コレコレ!コレは良い!ってな改造点がありまして。それがこの、USB端子部分の形状の変更。以前のようなストレートな形状ではなく、L字型になりました!これで安定感がバツグンに。さらに、クネクネとよく曲がるアーム部分の素材も変えたようです。以前より「カチッ」としたフィックス感、強し。気持ちいい。

 

compa

 

上がニューバージョンで、下が先代です。アームを大胆に短く、ライト部分は長くしたわけです。アーム部分の「しっかり感」もこの写真で一目瞭然かと。先代は若干、クネクネ感が強すぎるというか、自由過ぎたというか。

 

こちらは先代からの同じ造りで、ライト部分とアーム部分のセパレート形状。これにより、ライト部分をくるくると回して光の微調整が出来るし、持ち歩きにもバッチリ。

うむ!コレで2,000円ちょいは大納得なのです。文句ナシ!!

 

10

「74度」でApple Watchを寝かせる。

 

さて、今回のelagoコレクションでは初のApple Watchモノの登場。elagoお得意の高品質シリコン仕様スタンド、「M3スタンド」でございます。

 

15

 

もう、既に佇まいがマーベラス!これぞミニマルデザインの雄。ホワイトのスポーツバンドとのマッチングはパーフェクトにApple純正感が漂います。

 

14

 

こんな感じに、磁気充電ケーブルをセット。もちろん、高品質のシリコンですから、Apple Watchも磁気ケーブルもキズの心配は皆無!

 

13

 

さて、コレがキモ!74度の角度でApple Watchを寝かせることができる設計になっています。はてさて、この角度の意味は??

つまり、elago チームは、「スタンドはApple Watchを寝かせておくだけのものにあらず」という目論見があったわけなんですね。ちゃんと、操作もしやすい絶妙の角度が74度だということなのです!

 

12

 

これ、見てください。奥にあるのが70年代のヴィンテージのデジタルクロック。昭和臭漂う懐かしいアレ。これ、そういえば角度が付いてます。なるほど、同じ74度くらいです。ベッドサイドで操作しやすいという。まさに「生活」を考えた設計プラン。温故知新。

カラバリはブラックアンドホワイト・・・迷いますよねこれは・・・

 

22

 

さらに迷わす用に、オフィシャルから借りパクしてきたこれを。別にバンドの色に合わす必要はなくて、こんなんも、めっちゃオシャレじゃないっすか?クセのないミニマルデザインのelagoだからこそ演出可能な世界。みんな大好き「無印良品(MUJI)」感漂う一枚。

 

17

カラダもMacも悦ぶ。

さあ、お次はMacBook関連。MacBookを載せたこのスタンド。「L4スタンド」でございます。

 

16

 

この写真がすべてを物語る。カラダもMacも悦ぶ。

ニヒッとしちゃいますって。きっとあなたも。あなたのMacBookをデスクトップ型にしちゃう、角度や高さを計算して設計されたスタンド。もちろん、Apple純正キーボード類と一緒に使う。

いや、もう、明らかにいつものMacBookじゃないんです!写真は13インチのMBAですが、まったく新しい13インチのMacで作業してる感、すげえっ!

 

18

 

こればっかりは、写真やテキストじゃ完璧に伝わらないのがもどかしいっす。とにかく、こちらの身体(目・首・肩・腰・背中)が快適なんです。よくカイロプラクティックとか整体の先生が言うようにラップトップ型のPCって、どうしても作業に夢中になると、ディスプレイの中に首と顔がどんどん近づいちゃって、亀首状態・・・明らかに不自然な体勢で長時間・・・・・・身体にいいわきゃありません。それがミゴトに解消されるんです。

MacBookオンリーの方は、部屋の中でのコレの使用、マジにオススメ。そして、これだけでは終わらないのがelagoプロダクツなのです・・・

 

21

 

MacBookが自然冷却!!ご存知ようにアルミニウムっつーものは熱伝導するわけでして、長い時間使用中のMacBookの周囲の熱い空気を自然に冷却してくれるというわけです。つまり、あなたの身体にいいばかりでなく、MacBookにもいいという。これからの季節、これは特に嬉しいかも・・・

 

20

 

さらに!スタンド下部のスペースも無駄にしない設計。なんと、A4サイズ書類が入る。つまり、ここにいろいろなモノを入れることができるという上手な設計。外付ディスクに、ドライブとかのツール。あるいは、グリーンや小物を忍ばせてみたりという。

 

MacBook一角が、完全にあなたのミニミニミニオフィスになるという。MacBookを自宅で使うなら絶対に欲しくなる逸品。特に仕事で多用するヒト、マジ注目。身体に良し、Macに良し、住宅スペース事情に良し。

あ、11インチのMacBookやMBAから、17インチMBPまでOKです。

 

23

 

 

ウォールナットとアルミニウムのハイブリッド。

さてシーズン2ラストは、iPhone用スタンド。6、6 Plus、6S、6s Plusの方向け。スチールに木(もく)がデザイン的にマッチすることはよく知られていますが、elagoはそれをiPhoneスタンドに応用。クール過ぎず、落ち着き過ぎずの絶妙な感覚。

 

24

 

木部分は、家具で毎度お馴染みのウォールナット仕様。アルミニウムもこちらもお馴染みのelago仕様の高品質ソリッドアルミ。ハイブリッドデザインでございます。

 

25

 

26

 

ウォールナット部分(クレードル)の底が開口されていますので、こちらにLightningケーブルを。

 

27

 

28

 

Appleなデスク周り。そのマッチングっぷりは言わずもがな。

 

で、またまたアングルに細かな計算が・・・。デスクやテーブルの上でちょいっと動画関連観てること、ありますよね?LINEやメッセンジャーで回ってきたリンク先のビデオ観たり、ちょいちょいっと。
そういう時のために、絶妙にディスプレイが観やすい角度で設計されてるというわけです。寝かせておくだけじゃないよ、という。もちろん、タテ・ヨコ両用。

 

シャンパンゴールド、ダークグレイ、シルバーの3カラーバリエーション。これまた迷います。Apple純正のレザーケースくらいなら着用したまま問題なくスタンディングOKでした。

 

m3

 

で、前回のブログでもレポートしたように、elagoのパッケージ。シーズン2の製品たちも、所有感を満たしまくりのボックスに入っています。例えば、M3 スタンドなんて、スタンド(アルミ側)と、クレイドル(ウォールナット側・上の写真)でちゃんと別々のパッケージングがされてるんですよ。L4スタンドのボックスもかな〜りゴージャス。わかってるなぁ・・・んふふ。

 

シーズン2も、明らかにコンプリしたくなってきた・・・そして、シーズン3、やるのかしら!!??

 

NEW     Tokyo Mac elago シーズン 2 

シーズン 1

 

シーズン1全製品解説エントリーはこちら