Tokyo Mac Blog

4

『田舎に帰ろう』
〜ありそうでなかった新しいツール。Omoidori。
徹底研究。

 

26

 

Omoidori。ネット各メディア(IT系以外含)やテレビ(ワールドビジネスサテライト)などでも大々的に採り上げられ、話題のiPhoneツール。メイドインジャパン。

 

5

 

筐体は非常にコンパクト。特に重くもないです。ホワイトボディにグリーンのキャラがイマ家電感アリます。

 

6

 

パカっと開く。

 

7

 

iPhoneをはめ込む。(iPhone SE, 5s, 5の場合は、付属のアタッチメントアリで安心)

 

8

 

専用アプリ起動。

 

9

 

これでスキャン準備完了。

 

10

 

アルバム(どんなタイプでも問題なし)。フィルムが貼ってあってもなくても問題なし。そのままどうぞ。

 

キレイにレイアウトされた大型のアルバムからいちいち剥がしたり、ポケット型のアルバムからいちいち出したりの作業から完全に解放されるって素晴らしいっ!!!!!!

 

11

 

アルバムの写真に載せる。すでにフィルムが貼ってあっても「テカリ」のまったくない写真がモニターされています。

 

12

 

スキャンボタン押す。

 

13

iPhoneを使う
スキャニングの素晴らしさ。
一度使ったら、もうヤミツキ。

 

これだけ。ばっちりです。写真はiPhoneの「カメラロール」にどんどん保存されます。とてもスキャン作業をしているとは感じられません。ひとつひとつデジタル化されていくのが異様に新鮮で、紙焼きとは印象がガラリと変わったりして・・・作業に飽きが来ません・・・

 

●Omoidoriの一番の機能は「とにかく、簡単にポンポンスキャニングできる」ということ。「スキャニングってこんなに気軽にできるんだ・・・」とスキャナーを、つか、iPhoneを使うスキャニングの素晴らしさ。一度使ったら、もうヤミツキ。

●それと、「アルバムの写真の上にフィルムが貼ってあっても、そのままスキャンしてテカリなし」という
PFUの新技術を搭載している点。

●そして、コンパクトであること。

 

18

 

さて、続けましょう。L判サイズ(この言い方も最早懐しい!)ではなく、もっと大きな2L判のスキャンも簡単。

 

19

 

アプリの「2L判」ボタンをクリック。

 

21

 

写真の左側をスキャン。この「左側」の感覚ですが、「だいたい」でOK!きっちり写真を等分に考えて・・・なんて神経質になる必要ナシ。

 

22

 

「右側」をスキャン。「だいたい」ね。

 

23

 

終わると、勝手に合成してくれちゃいます。(この合成中の動きが秀逸!つい、ジーっと見ちゃいます)

 

25

 

ジャーン!2L判デジタル化!iPhoneヨコ型にピッタリ。

 

14

 

編集もそのまま。例えば、スキャンする時に微妙に写真が傾いちゃったかな・・・なんて時はトリミング。長押しで、コーナー部分を拡大してくれる。いや、アプリもすごく直感的によくできてるんです。
(スナップライトもそうだったように、PFUの専用アプリって、UI含めすごくよくできてる)パソコンでアルバムスキャンして、写真部分をフォトショで丁寧にトリミングしてなんて煩雑過ぎる作業とはサヨウナラ。

 

3

30代半ばくらいからの人々の歴史は
ほぼ紙焼き写真でアーカイブされている?

 

この夏の帰省ですよ。

Omoidoriが最初にまず大活躍するのが今年の夏のあなたの帰省中。
実家で自分の幼少期のアルバム、中高の卒業アルバム、ジモティ友人宅で見せてもらう80年〜90年代の
やんちゃだった頃の写真、お祖父ちゃん、お祖母ちゃんチにも無数のアルバムがアーカイブされています。
ひいおばあちゃんチのアルバムをスキャンする時、あなたは歴史学者と化すでしょう。

それらを片っ端から、Omoidoriします。このスピーディーさアリにして可能なスキャナー大会。

 

1

 

それになにしろ、カシオのQV-10が世の中に登場したのが、90年代半ば。それ以前は世の中は紙焼き写真だったんですから!30代半ばくらいからの人々の歴史は、そのほとんどが紙焼き写真でアーカイブされてる!それらをすべてパソコンとスキャナーでデジタル化してるって人はさすがに少ないかと。

当時のルーズソックス女子なら、当時のプリクラ手帳をOmoidoriしておくのもテです。ヒロミックス女子だったら、ビッグミニチェキで撮影しまくってたスナップもOmoidoriマスト!!バック・トゥ・ザ・90年代!!蘇る渋谷系!!

それが、気軽にiPhoneでポンポンできちゃうという。

 

26

Omoidoriとセットで使いたい

さて、ちょいとあると便利な、これらがあるとさらにOmoidoriが「思い通り」になるというオプション的ツールを2つご紹介しましょう。

まずは、PFUから発売されている「フォトプレッサー」。実家や箪笥の中の写真のすべてがアルバム化されているわけではありません。整理されずに輪ゴムでまとめられたようなバラ写真がまた大量に発見されるはず。

で・・・こんなん ↑ なってたりするでしょ・・・・

 

34

 

ちなみに、こんな歪んでる写真をそのままOmoidoriしようとすると。当然、こんな感じで残念にたわみます。

 

27

 

で、フォトプレッサー。

 

28

 

Omoidoriを上から被せれば、マグネット仕様でパチっと勝手に装着されます。秀逸!本体から、アプリから、オプションまでホント、直感で誰でも今すぐ使える。

 

29

 

で、写真の上に載せてスキャンすれば、アルバムからスキャンするのと同様パシッとキマる。

 

このフォトプレッサー、かなり売れ行きが良いらしく、今、市場で販売されてる分はほぼ9月入荷・・・(アクト・ツーストアでは、セット販売で在庫アリ!!なんにしろ、これは揃えておくのを強くオススメ。

 

33

 

そして!Tokyo Mac編集部的に絶対にオススメしたいOmoidoriとセットで使うべきツール。それが「iUSBport 2」なのです。

 

15

 

特にこんどの帰省で、OmoidoriとiPhoneだけ持っていそいそと帰省したとします。
大量のアルバムをスキャン・・・とうぜん、iPhoneには膨大なデータの画像ファイルが溜まります・・・そして、遂に容量不足になるのです。

 

31

 

実家やお祖父ちゃんチのWiFiやパソコンに頼らずとも(だいたい、不安な環境です・・・)、「iUSBport 2」で、microSDカード、SDカード、USBメモリなどに移動保存しちゃえばOK。運良くiPhoneに収まりきったという場合も、バックアップとして使える。そのままメディア類を実家に置き土産していくのも推奨です。

 

32

 

インターネットいらず。パソコンいらず。SDカード、USBメモリなんて駅やコンビニで売ってるしね。OmoidoriとiUSBport2のコンビはまさに帰省型思い出デジタル化セットなのです。

 

16

「なう」じゃなくて「かこ」な投稿。

 

17

 

最後に、共有。LINEやFacebook、インスタで、スキャンした昔の写真をアップ。同窓会的な集まりが世の中では星の数ほど存在。当然、Omoidoriの出番です。

さらに、ふつうにじーちゃんの若かりし頃のイケメン時代のスナップ写真や、やんちゃ過ぎる愚行の過去写真などSNSにアップされまくるのは間違いないでしょう。「なう」ではなく、「かこ」な投稿。

 

 

発注

 

そのまま、富士フィルムのプリントでフォトブックをオーダーも可能。コレは、実家にプレゼントして最適!デジタル化して古い写真が蘇って、それを両親や祖父母にプレゼントという粋な贈り物。

 

遠い過去から、近い過去まで。iPhoneで。

(Tokyo Mac編集部 Yojiro)

 

Omoidori 詳細・購入
(フォトプレッサー、iUSBport 2などオプショナルツール詳細もアリ)