Tokyo Mac Blog

1

elagoシーズン3いよいよ発売!
MacBook用スマートカバーなど
細部まで抜かり無しのツール群。

 

ゴールデンウイーク公開のシーズン1、先月のシーズン2が大好評のため、この夏、遂にシーズン3リリースです。

「カリフォルニアのAppleクレイジーなデザインチームが、デザイン、素材、機能、値頃感を合体させた高クオリティツール群」が、elago(エラゴ)。

今回リリースのブツをすべて試してみましたよ。

 

18

MacBook用SMART COVER!?

まずは、コレ。どこかで見たことのあるような風貌のカバーが、MacBookの底に????

今回のコレ、MacBook、MacBook Air、MacBook Proのオーナーさんたちには絶対に入手していただきたいツール。Tokyo Mac編集部推しギアでございます。

このカバー、もうおわかりのようにiPadのスマートカバーのMacBook版と考えていただくと良いかと。

 

3

elagoデザインチームが研究し続けている「人間工学」。

スタンドとして使用中。いや、MacBookにスタンドを搭載すると、というより角度を付けるとこうも変わるのか、という。

 

9

 

elagoデザインチームが研究し続けている「人間工学」を採用。まずはラップトップPCに必ず付いて回る「前かがみ姿勢」が軽減。作業に集中し過ぎて、背中が丸まって亀首になって・・・というアレ。気がついた時には腰が痛くなり、目がショボショボというアレ・・・アレが、軽減されます。姿勢が変わります。

 

8

 

もちろん、iPadのように、他の人にちょいプレゼンてな時にも、こうして少しMacBookを持ち上げてやるだけで観やすくなります。

 

10

 

普段は折りたたんでMacBookに装着されている。iPadスマートカバー同様、フリップを畳んでスタンドにするというアノ仕組みです。

 

11

 

さて、カバーのMacBookへの装着は?

elagoフリップスタンドの2つのパーツを、「特殊ボンド」で貼付します。ここ大事なんですが、この特殊ボンド・・・と言っても、別にチューブから塗って・・・というわけではなく、両面テープのようになっていますので剥がして貼るだけ。

そして、粘着面は絶対にMacBookに跡が付いたりキズが付いたりは一切しませんのでご安心を!

フリップスタンド側の両面ボンド(?)を剥がして、MacBookにハリハリ。そして、メタルプレートも同じようにハリハリ。

 

5

「ネオジウム磁石」

仕組みは簡単。フリップスタンド内部にはマグネットが内蔵されているんですよ。折りたたんだ状態で、メタルプレートに磁力で「ぱちん!」とホールドされるわけです。

で、内蔵されているマグネットは「ネオジウム磁石」という、永久磁石の中では最も強力と言われているブツ・・・やっぱり、elagoです。抜かりナシ。

さらに、MacBookに触れる部分にはすべてマイクロファイバーが施されていますので、もちろんキズの心配皆無。抜かりナシ。

もちろん、フリップのツクリは、純正スマートカバー並みに完璧。そこいらへんは、以前にiPad mini用のパーフェクトなカバーが大ヒットしたelagoですから!

 

14

「一度使えば、やめられない」

そして、スタンドとして使用していない場合、MacBookを守ります。なんと、「底面」を!MacBookの底面には4つのラバーフットが搭載されてるわけですが、底面の保護という意味合いでは圧倒的にフリップスタンドの方が勝ち!やっぱりいつのまにかいちばんキズがつきやすい底面がコレで安心。

カバーが底面にはっついているという「違和感」も無く、使えます。

とにかく、MacBookファミリー使いの方、これ、買いです。大袈裟じゃなく、不満がありません。それと、一度装着すると外したくなくなります。「外すと怖い」のです。また前かがみの姿勢になるのが怖い。底面にキズがつきそうで怖い・・・という・・・

 

20

チロルチョコのようにたくさん持っていたくなる

さてさて、ちょっとコンビニレジ前の「チロルチョコ」のように、良い意味で衝動買いして欲しいのは、Type-C to USB3.0ミニアダプタ。

 

19

デザインチームが創ると、変換アダプタもこうなる。

デザインチームが創ると、変換アダプタもこうなる!という見本のような作品・・・いや、製品です。MacBook Type-C使いの方は必須中の必須のUSB変換アダプタですから、そして、せっかくのオシャレなMacBookなんですから、アダプタのデザインにもコダワリましょう。

もちろん、USB3.0高速アクセス対応。カラバリは白黒。個人的にはホワイト、ヤバイかも。

 

7

 

13

 

売れてます。elago LEDフレキシブルワークライト。コレも、Type-C to USB3.0ミニアダプタでMacBookで使っている図。

 

 

21

iMacの「穴」を利用する。

さてさて、お次もelagoのコダワリがギュッと凝縮された逸品。プロハンガー for iMac、サンダーボルトディスプレイ、シネマディスプレイ。

MacBookの外部モニターとして、Appleの各種ディスプレイを使っている方はまずは必携!背面もシャレオツなディスプレイのバックをスマートに使ってしまおうという。iMac他に必ず搭載されているスタンドの「穴」に装着するハンガータイプのスタンドです。

 

22

 

これは確かにスマート。

 

23

 

で、このハンガー、圧力を利用したパッドシステムで、「ただ単に穴にぶら下げる」わけではありません。

考える。考える。elagoのデザインチームが考える・・・

この設計図!iMacのスタンドの厚みが約8mmで、ハンガー側の距離をあえての7.5mmに設計。残り0.5mmの部分にシリコンパッド設置。いわば、圧力を利用?これで、しっかりと、かつ安全にハンガーをiMac(他ディスプレイ)の「穴」に装着できるというわけ。

 

25

 

肉厚のシリコンパッドがデバイスを完全ガード。

 

24

 

もちろん、ハンガー部分にはMacBookファミリーの他に、外付ドライブなんかの周辺機器を設置もアリかと。iOSデバイスを眠らせる場所としてもアリアリ。

 

あと、「別にMacBookの外部モニターとして、iMacとか使わない」という方も、なんとなく「置き場所」「部屋での定位置」に困っていたMacBookをここに住まわせるというのも、オオアリかと!なにしろ、このスペース使いはべらぼーに上手いです。

 

1

 

「ジーンインディゴ」と「イタリアンローズ」

さて、ラストは既にシーズン1でヒット中の「キーリングスプリッター」。iPhone、iPadのヘッドフォンジャックを二股にするというアレのカラバリバージョン。

 

15

 

16

 

今回は、elagoのiPhoneケースでお馴染みの「ジーンインディゴ」と「イタリアンローズ」の2色を投入。

ジーンインディゴは、もちろん、デニムのイメージです。どちらも発色、良し。前回の白黒は基本的なカラーリングでしたが、今回はポップ路線。コ〜レはキーホルダーに似合いそう。

 

17

 

音楽だけじゃなくて、動画の音声もシェア。

 

というわけで、今回もワザアリ、デザイン良し、クオリティ高し、値頃感良しの4アイテム。
製品によっては初期入荷分が速攻品切れもあり得るので、お早めに。
どれも夏のボーナスの残りで買える逸品たちです。

(Tokyo Mac編集部  yojiro)

 

elago シーズン3