Tokyo Mac Blog

1

秋のelago新作。Appleを「貼る」小確幸!

 

iOS 10、遂にフェリカ対応、iPhone 7、Apple Watch SERIES2、ジェットブラック品薄現象、ジェットブラック傷つきやすい事件、総務省iPhone(押井守モデル)などとにかくワサワサしている今週でした。来週以降は、これにSierraが入ってきて秋のAppleユーザーは病的に忙しいのです。

 

15

 

で!忘れちゃならないのがApple TVです。tvOSも「10」になりました。「スピルバーグの作品」とか「恋愛ドラマ」とかSiriさんに聴くと、ビデオショップのスタッフよろしく、「お客さんにはコレ、オススメっすよ!」てな感じでコンシェルジュしてくれたり、YouTube検索が強化されたり。

そして、これからがヤバそうなのがホームキット。これから対応家電が続々と増えそうな予感。で、テレビも照明もオーディオもすべてSiri Remoteでコントロールするんですよ。Apple TVユーザーの方ならおわかりのように、結局テレビの前ではiPhoneアプリ(Remote)じゃなくて、やっぱり、そこは専用機(Siri Remote)を使っちゃう自分がいます。iPhone起こして、アプリ起こして・・・なんつー作業ナシで、音量調整もテレビオフったりもできるってやっぱりいいんです。テレビ中心のリビングのコントロールマシンはiPhoneでもiPadでもなく、Siri Remoteだと個人的には断言しちゃいたいです。

 

black

そう来たかっ!という。
発想を今までのApple周辺ツールとは違う角度で考えてくれました。

さて、本題。Tokyo tools elagoのシーズン4。秋のelagoは2つにギュッと凝縮。厳選された「小さいけれど、確かな幸せを実感できる」ツール。

そのSiri Remote専用ケースでございます。私の経験から、Siri Remoteにケースは絶対に装着すべき。ホントにあるなしじゃ雲泥っすよ。どうしてもAppleですからデザイン重視なんすよ。リモコンも。

そりゃ、薄くて小さくて裏面にリンゴロゴまであって、かわいくて美しいんですが、ちょいと心もとない感じは絶対に拭えない。だいたいテレビやゲームや選曲に夢中になってますから、リモコン操作(パッドでのドラッグ操作含む)がだんだん激しくなるんすよ。電話以上に!!なんで、頑丈にしておくべきモノなんです。やっぱりまだまだSiriよりも手元での操作が圧倒的に多くなるはずです。

 

13

 

で、ケース。「カリフォルニアのAppleクレイジーデザイナー集団」elagoです。やっぱり。そう来たかっ!という。テレビのリモコンはリビングで使うから、発想を今までのApple周辺ツールとは違う、家電的な角度で考えてくれました。

ケースの内部にマグネットが内蔵されているのです!いや、そう来たかっ!「お父さん!リモコンどこ!?」というあの毎度お馴染みのセリフを二度と言わせない大発明。マグネットで目立つ場所に貼っつけておけば紛失もなくなるってわけですよ。たぶん、昔、テレビのリモコン置き場的なスタンドみたいなのありましたが想像通り、すぐにそこに毎回置くという習慣は消えます。人間はそんなもんです。

 

2

 

だったら、どっかにベタっと貼っちまえよ!と。で、そこはelago。発想は大胆でもやることは細かい。磁石は小さくても磁力強しのネオジム磁石を使用。大事ですねー。

 

20

 

19

 

ということで、もう、いろいろな場所に貼っつけてください。

 

18

 

なんだか楽しくなってきます。Appleの製品がこんなにいつものリビングの風景に馴染むことって初めてじゃないかしら?

そして、肝心のケース本体。こちらも既にelagoのiPhoneケース「7」のケース、激チェック!関連エントリーも近日公開!)やスタンドなどでお馴染みの高品質シリコン仕様。人間工学的な感触を研究したというだけあって、これ、触るとわかります。一度装着したら、もう絶対に裸で使う気になりません。断言します。なんなんだろう?この気持ちよさ・・・

 

11

 

12

「裸」で使うと裏表逆に置いた時に・・・。

そうそう。「Siri Remoteを傷から守る」という基本的な観点からも、さすがクリアしてます。なにしろ、裸で使用した場合、フロントのボタンの凸部分を下に置いた場合、当然ボタンが傷つきます。ケースの厚みが絶妙にボタン部分もガードしてくれます。ここ、大事。ちゃんと、大袈裟に分厚くならないくらいの、それでいてちゃんとガードしてくれる絶妙な寸法で設計されてます。もう、言わなくとも今までのelagoの各仕事でそんなこたあわかっとるわ!という。

 

ゲーム関連も、これで操作感は圧倒的にアップするはず。ゲームに熱中した時のあのコントローラーをキュッと握りしめる感じ。アレが、裸だとイマイチ。でも、シリコンの威力かなにかわかりませんが、やる気にさせてくれるんですよ。これがelago言うところの人間工学ってやつなのでしょうか!?

 

newnew

 

機能とデザインと感覚(感触)がミゴトに合体したApple TV必携ツールです。価格(税込・2,376円)もこれなら納得でしょう。感触が心地よいので猫も満足です(見立て)。

 

 

3

Apple周りのあらゆるケーブルをまとめる可愛いボタン。

さて、お次も「小確幸」感たっぷり。Apple周りのあらゆるケーブルをまとめる。ダブルスロットケーブルクリップ。この可愛らしい小さなボタンたち。7個セットがうれしい。

 

5

 

 

説明不要なこんな感じで使います。

 

6

 

iMacにイヤフォン設置。試して納得の便利っぷりですよ。あ、言い忘れましたが、ボタン裏面に特殊接着剤付き。平面ならほぼどんなところにもピチッと貼っ付いてくれます。

 

7

 

iMacの背面。たまに見ると、ケーブルが絡まっちゃたりしてガッカリ感ありますよね。だんだん見なかったことにしちゃうアレ。たまの大掃除の時とか死にたくなります。あれも防止。

 

8

 

MacBookに接続した「なんだか妙に長いケーブル」などもスキッと。

 

9

 

こちらもヘッドフォン。なんか、マシン専用ヘッドフォン置き場みたいでイイ感じ。よくよく考えてみたら、イヤフォン置き場って難しくないっすか?「これ、どこに置くの?」みたいな。
いちいちクルクル巻き直さなくて済む。使い終わったらここにパッと差し込んでおきゃいいわけ。別にMacじゃなくても、会社のPCとかにも使ってみてください。7個も入ってますからいろいろ試してみましょう。

 

10

 

音楽野郎のみなさんは、ミキサーだの、機材にペタペタ貼っつけて各種ギークな機材のケーブル対策としてどうぞ。こちらも、1,404円税込。1個200円!コスパ!

 

今回、リモコンケースも、ケーブルボタンもそうなんですが、部屋の中のいろいろな場所に「貼る」というのがテーマになってますね。Appleは・・・つか、コンピュータがそれだけ「フツウの生活」でフツウに使うモノになったということなのでしょうかね。置くだけじゃなく、貼ることでいろいろなスペースが、自分だけが知ってる収納スペースとして、しかもかっこいい収納スタイルとして浮かび上がってきますぜ・・・

 

elago iPhone 7超絶ケースシリーズのエントリーは超近日公開!こちらも激チェックね。

 

(TokyoMac編集部 yojiro)

 

elago シーズン 4 詳細・購入