Tokyo Mac Blog

SLICKSレビュー。キックスターターから誕生。
即時3000個完売のスイス製次世代バッグ。

1泊から3泊くらいの旅行に使えて。ビジネス利用(出張)でもレジャーでも使えて。さらに荷物の多い普段使いにも使えて。そんなわがままに期待以上に応えてくれる夢のようなバッグが上陸しましたよ!

 

 

最大4日間分の荷物をキレイキレイに収納。

キックスターターから生まれたのが、SLICKS(スリックス)。スイス製。

なんと、このコンパクトなスイスデザインのクールなバッグの中に、最大4日間分の荷物がキレイキレイに収納できちゃうのです!!
スーツや靴までキレイに入ります。襟付きシャツなんて、シワひとつなくノリがパリパリっと効いたまんまで収納できちゃう!どうやって!?

 

MacBook(15インチ)はもちろん、電源プラグ類すべて、デニムやチノパンツ2本シューズ(スニーカーor革靴でも)、襟付きシャツ2枚、Tシャツ4枚・・・キリが無いので、だいたいの収納可能リストをご覧ください。

 

<収納可能アイテムリスト>

(衣類)★プライベート・レジャー
襟付きシャツ ×2枚
ジムショーツ
パンツ(下着)×4枚
ソックス ×3足
Tシャツ ×4枚
デニム(ジーンズ)×2本
ナイロンジャケット(レインジャケット)
シューズ(スニーカーor革靴)

(衣類)★ビジネス
スーツ(上下)・ジャケット
襟付きシャツ
ネクタイ
ジムショーツ
パンツ(下着)×2枚
ソックス ×2足
Tシャツ ×2枚
デニム(ジーンズ)
ナイロンジャケット(レインジャケット)
シューズ(スニーカーor革靴)

(テックギア)
MacBookシリーズ(その他ノートPC)/iPad
MacBook充電アダプタ・ケーブル
モバイルバッテリー(ハイパージュース・外付ドライブその他)
マウス
USBメモリスティック
iPhone
iPhone 充電アダプタ・ケーブル
iPad mini・Kindle

(その他のアイテム)
ウオッシュバッグ(洗面道具セット)
書類
財布
パスポート
サングラス・メガネ
ペン・メモ
ペットボトル
他…

 

まさに、これだけあれば、絶対にOK!な収納アイテムの数々。コレがすべてコンパクトに収納できるという超ミラクルなバッグがSLICKSなのです。いったい、何がどうしてどうやって入るのでしょうか?ほぼ、コインロッカーを持ち歩けるようなものですよこれ。

では、キックスターターで瞬時に3000個完売のSLICKSの全貌に迫ってみましょう!

SLICKSは「4日分のアイテムがすべて入る」という機能以外に、キモやギミックやコダワリが詰まりに詰まってるんです・・・スイスって、アーミーナイフもそうだけど、こういった技術にすごく長けてるんですよね。

 

世界各国旅メディア大絶賛。

まずは、TokyoMac編集部だけが騒いでいると思われちゃうのもアレなんで、既にいち早く入手できた世界各国のメディアをご紹介。旅行専門サイトから、バッグ専門、ギア系まで、さすがに驚きを隠せない感じですよ。翻訳したものはMac Perfectオフィシャルページをどぞ。

 

 

手持ちでも。背負っても。

SLICKSは、手持ちで持つこともできるし、バックパックのように背負うこともできる2WAY 32cm×52cmは、スーツケースとしてみても、バックパックとしてみてもコンパクトサイズです。

わかりやすいように女性モデルに背負ってもらいました。ね、小さいでしょ?

 

背負い型バックパックのベルトは、簡単に内部に収納。即、スーツケースに早変わり、という算段。

 

 

毎日のエクストリーム出社にもどうぞ。
国際航空運送協会の機内持ち込みサイズにも準拠。

もう少しSLICKSのサイズ感をご紹介しておきます。例えば、チャリ通勤(いわゆるエクストリーム出社含む)の方でも大き過ぎてヘン。怪しい」な感じはまったくナシ!カジュアルからスーツにチェンジOKなギミック有り、なので毎日のエクストリーム出社の方にもサイズ感問題ナシ。

さらに!機内持ち込みOK!国際航空運送協会の推奨サイズにちゃんと準拠。国内の旅客機移動の方には非常に嬉しいサイズ。スーツケースさん、サヨウナラ!これで最大4日間分入っちゃいますからね。

だいたい、日常で使うバッグと旅客機移動で使うバッグが同じってスゴくないですか!?

 

 

 

メッセンジャースタイルにもなります。荷物をホテルに置いて、最低限のアイテムだけ入れてお出かけも、アリ。そんなこともできるのがSLICKSの偉いところ。自転車移動でリュックスタイルよりもコッチに慣れている人にもオススメなスタイル。

 

 

SLICKSのシステムは基本的にメイン・衣類バッグ・スーツカバーという3つのパーツで完成されています。

 

素材とツクリに
スイスのモノづくりスピリットがみえまくる。

背負った時に大活躍の背面パッド部分。通気性が良いのと、人間工学的なデザインになっているので、不思議に重さが軽減される感、アリ。実物を手にしていただければ一発でわかる、しっかりとした作り。

SLICKSの基本ボディはPUコーディングの耐水性が施されたタフな素材使用。

 

 

各ファスナー部分は、YKKの高品質仕様。メイン部分のファスナーは収納できるファスナーポケット搭載。セキュア対策。犯罪者が貴重品にアクセスしにくいツクリ。

 

 

各バックル部分に注目。アウトドアに詳しい方ならご存知の方も多いハズの「ITW Nexus」製を採用。創業1853年の超老舗のバックル専門メーカー。品質も歴史も世界レベル。文句ナシ。(手に入れることができた方は、まずはバックルを締めてみて!「カチッ」とした瞬間の快感がヤバイでしょ?高級車のドア閉めたら音が違った感!)

 

付属するウオッシュバッグ、スーツカバー、シャツカバーなど(後に紹介)SLICKSオリジナルアイテムはすべてに徹底した品質管理。
裁縫状態見れば、一発でおわかりいただけるハズ。

 

何をどこにどうやって入れる?

このブログでは目立つトコを、サクッとご紹介。(Mac Perfectのオフィシャルページに事細かく掲載されているので割愛。動画もアップされていてわかりやすい&驚きなので要チェックね。)
まずは、デニムやチノパンツが2本入っちゃいますからね。着ていくパンツ合わせて、3本のパンツ。これなら、オシャレ志向のあなたも納得。

 

 

キックスターターでも話題となった「靴が入る」バッグなのです。スニーカーでも革靴でも無問題。ちなみに、このスニーカーの持ち主は28.0というバカでかい足のサイズなのですが、余裕で入りました。場所も、邪魔くさくない意外なスペースにレイアウトされているのがニジュウマル。

 

MacBook Proの15インチまでOK。

そして、気になるMacBook。MacBook Proの15インチまでOK。もちろん、他社ノートPCの15インチも大丈夫です。収納場所は、背面パッドの近くの衝撃に強い場所にレイアウトされていますので安心。

 

 

テックギア関連収納で秀逸なのが、メイン部分トップの大きなポケットには、例えばハイパージュースなどの大きなバッテリー、あるいは外付ドライブ等が入っちゃうところ。さらに、充電アダプタ・ケーブルなども一緒にどぞ。旅先で、PC関連を頻繁に使用する方も便利この上なし。

 

で、このトップの大きなポケット、「いや、夜、ホテルに戻った時くらいしかMac使わないし・・・」ってな方も、ヘッドフォンやらペットボトルやらコンデジ、大きめのノートやとにかく出し入れが激しい大きめサイズのモノを入れておけばOK。ココは、自分のスタイルに合わせて使える大きめポケット。潔癖症気味の方は例えば付属のウオッシュバッグ(洗面道具)を入れておいてもOK。

 

 

iPhoneや財布、パスポートなどはメインポケットとシューズ収納スペースの小さめポケットをオススメ。目立たないのに、出し入れしやすい。

 

 

メインバッグの中に入れる、所謂「バッグインバッグ」が、SLICKS衣類ケース。この中に、レジャーでの使用なら、パンツ(下着)4枚(!)、Tシャツ4枚(!)、こちらも付属のウオッシュバッグ(洗面用具セット)、フタとなるスペースのポケットには、ソックス3足、充電プラグ・ケーブル類、iPad miniやKindleなどのテックギア小物などを収納します。さらに、着た下着などを入れるランドリーバッグも。この衣類ケースが、コンパクト収納のキモのひとつとなっています。実際に各アイテムを入れてみると、しかしよく計算されてるもんだなぁ・・・と感心しちゃいますよ。

 

 

皺からガードする、スーツカバーとシャツカバー。

そして、スーツカバー。カバーを装着したまんま、ホテルのハンガーに吊るしがOK!着替えにも大助かりなのです。ハードカバーでバッチリ皺もつきにくいのです。ビジネス・出張で使用の場合、レジャー時のデニムパンツ2本入れるスペースにコイツを収納。エクストリーム出社時のロッカールームでの着替えとか、友人の地方での結婚式とかにも使える・・・

 

 

ビジネス・出張にさらにお役立ちのツールも付属。シャツカバーと呼ばれるコレ。カバーにプリントされている図に従って(簡単!)シャツを折りたたんでいけば、皺ナシのシャツたたみテクニックが不器用なあなたでもあっという間に!

 

クルッと裏返すとこんな感じ。襟部分がガッチリガードされとります。ノリがパリッとついた襟もそのまましっかりとキープ。
このシャツカバー、キックスターター時に「コレも単体で売ってくれ」という声多数だったという逸品であります。サイズは17cm×26cmで133グラムのコンパクトっぷり。

 

ホテルのバスルームで活躍。

これもSLICKS付属品のウオッシュバッグ。ただし、オマケ的なツクリではありませぬ。コレだけとっても物欲刺激モノ。内部はゴムバンドとか、メッシュポケットとかで構成されていて、めちゃめちゃ使える。帰りはホテルの備品持って帰れるな・・・とか貧乏クサイこと、つい考えちゃったり・・・

 

 

便利過ぎるこのギミック!小さなハンガー搭載なので、バスルームのドアに吊るせるじゃありませんか!

 

 

衣類ケース、ウオッシュバッグなど「ITW Nexus」製バックルでメインケースに固定されて、ひとまとめにされ、内部で散らばる(荷崩れ)心配皆無。

 

蓋(フタ)だって有効活用しちゃいます。

メインバッグのフタ部分もちゃんと有効活用できます。メッシュ状になっている大きめのポケットには、
ナイロンジャケットやレインジャケット、余裕で入ります。急な雨、寒さ対策もバッチリ。冬なら、マフラーだかストールだかを入れる。真夏なら、大きめタオルを!

 

 

で、さらにこのメッシュポケット上には2つのポケットが隠されていて・・・上はファスナー仕様で、A4サイズくらいまでの書類や雑誌などがすっぽり入ります。下はベルクロ仕様。隠しポケットっぽいので、財布やパスポートなど忍ばせましょう。

 

帰りのこと、急な悪天候のことも考えています。

さらに、SLICKSはちゃんと帰りのことまで考えているのが偉すぎますこのギミック!パンツ(下着)を収納する場所に、なんとランドリーバッグが搭載されているのです。もちろん、着脱可。さらに、防水加工。ついでに、防臭加工も!!やってくれるのか、そこまで!脱いだら、ココに入れる。こんなところまでリアルに考えられているのか・・・。

 

 

説明されないと絶対に見つけられない箇所に、コソッと搭載されている小さな小さなファスナー付きポケットには・・・
なんと、SLICKS自体を雨から守るレインカバーが付属されているじゃありませんか。PUコーディングされているSLICKSなので基本的に耐水性ありますが、最近の日本の意表を突くゲリラ豪雨など超悪天候にはコレで対策できます。まったく邪魔にならない、目立たない(つか、見つけられないような)スペースなのでこれは常備しておきましょう。

 

再入荷しても、早期完売。
「在庫あり」なら、即買いを。

以上のように、最大4日分のアイテムをスッポリと入れることができる、計算されつくされているSLICKS。

その機能ばかりでなく、素材やデザインも秀逸と言う他ありません。あ、ブラックとイエローの2カラバリ。ビジネス使用中心なら、ブラック。レジャー中心ならイエローかな?というか、当然それはあなたのセンスで。

困ったことに、一度、SLICKSを旅行に使うと、他のバッグを使う気にならなくなっちゃう、というか、詰め方が思い浮かばなくなって途方に暮れてしまうんです。

旅行前には「アレ?コレ、どこに入れようか?」「いやー・・・これじゃ入らないか・・・詰め直しだ・・・」などとなっちゃうし、旅行中は「アレ?どこに入れたっけ?しまった!一番奥だ!マジかよ・・・」と、まあ、お馴染みのあの状態。アレが皆無になるんです。SLICKSだと。荷物も頭の中も整理されますよ。

結論。一泊から数日間の旅行バッグって、大きけりゃいいってモンでもないし、小さいと絶対に入らないし・・・で、その問題を解決してくれるのがSLICKSだったりするのです。旅行のひとつの悩み、「荷物問題」が完璧にクリアできます。SLICKSがあるから、この秋からの旅も大丈夫。

 

★10月1日追記

3ヶ月ぶりに「Mac Perfect」ストアに再入荷!この機を逃さず、今が買い時です。

 

 

★7月10日追記

ということで、6月分も瞬く間に完売。と同時に、8月下旬入荷分の予約販売がスタート。他ECサイトでも既に買えない状況なので、予約を強くおすすめ。

 

★6月14日追記

GWに販売がスタートした初回入荷分は瞬く間に完売!そして、6月入荷分が本日前倒しでまさかの入荷!既に売れまくっております。気がつくと完売になっちゃうので、予約しておきましょう。

 

SLICKSオフィシャルページへ 詳細・購入