Tokyo Mac Blog

遂に!!!!MacBook Pro 2016 15インチが
最大60Wでチャージできる日がやって来た!!

 

「僕らは、これを待っていた!」・・・・・・まさにそんな気分です。
MacBook Proが去年発売されてからというもの、「ああ、これがハイパージュースで充電できればな・・・」という切実な願いが遂に叶ったのです!
このアダプタひとつで、ハイパージュース全機種が、TYPE-CのMacBookシリーズ全機種に完全対応。そして、当然、ハイパージュースのトップレベルのモバイルバッテリーとしての機能の恩恵を受けることができるのです。サクッとご紹介。

 

 

「HyperJuice USB-C Adapter」は、当然のことながらモバイルすることを前提に開発されているので、コンパクト。

 

 

Apple純製TYPE-Cアダプタと比較するとだいたい半分くらいのサイズ。

 

 

使い方は・・・って説明は不要ですね。「HyperJuice USB-C Adapter」には予めハイパージュース側に接続するケーブルが固定で搭載されていますから、今、MacBookシリーズの充電に使っているTYPE-Cケーブルを挿入するだけです。

 

MacBook Pro 2016を、最大で60Wの電力供給

 

そして!「HyperJuice USB-C Adapter」でMacBook Pro 2016を早速充電してみましょう。
だいたいの方が外出先でハイパージュースを使用する時って、「充電しながら、給電しながらMacBook Proを使う」というシチュエーションが一番多いのでは?

そんな時に、現在市場に多く出回ってる15W〜45W程度のモバイルバッテリーだとかなりキツイ。ちょいと重めの作業をしてると電力の供給が足りなくなるんです。で、ハイパージュース+「HyperJuice USB-C Adapter」。最大で60Wの電力供給をしてくれますから外出先でも余裕。

 

MacBook Pro 2016が、ハイパージュース最小モデル
60Wでも、18時間程度駆動

 

そしてもちろん、パフォーマンスばっちりですが、パワー使いまくりのMacBook Proですから、やっぱりハイパージュースの大容量が嬉しいのです。ハイパージュース最小モデルの60Whモデルでも、MacBook Pro 15インチが18時間程度駆動しちゃいますよ(本体駆動時間は10時間(T_T))。ちなみに、13インチなら20時間以上動きます。

あとは、MacBook Proのモデルや、外出先での使用頻度、仕事の現場でも使う、あるいは普段使いでバッグの中に常備・・・などあなたの使用方法を検討して、ハイパージュースの容量モデル(60/100/150/222Wh)を選べば、良し!
駆動時間はこちらを参照。

 

 

MacBook Retina 2016/2015ユーザーの人も
ハイパーになれます!

 

そして「HyperJuice USB-C Adapter」で、MacBook Retina 2016/2015ユーザーの人もハイパーになれます!

ご存知のように、通常のモバイルバッテリーのようなUSBからの充電じゃなくて、DC出力端子から充電するのがハイパージュース。USB Power Delivery 3.0 パワールール準拠。

 

 

だから、充電スピードが違う。2時間程度でMacBookのフルチャージが可能となります。これ、Appleの純製29W USB-C電源アダプタでお家で充電するのと同じ!USBタイプの通常のモバイルバッテリーのおよそ半分程度で充電。今まで妥協して、我慢して、騙し騙し通常のモバイルバッテリーで場をしのいでいた方、「HyperJuice USB-C Adapter」+ハイパージュースでハイパー充電を激しくオススメしたいと思います。

ちなみに、MacBook最新 Retina 2016が、ハイパージュース最小60Wモデルでも一日(24時間以上)駆動します。何でもできます!

 

 

 

これも書くまでもありませんが、もちろん、MacBook Pro、MacBookと他Appleデバイスの同時充電OK。

 

 

さてさて、これでハイパージュースは、正真正銘、新旧すべてのMacBookシリーズの充電に使える、ものすごいモバイルバッテリーになったわけです。ケーブルを換えるだけで2006年MacBook Proから、最新 2016年MacBook Proまで。10年差のマシンもハイパージュースで。

「HyperJuice USB-C Adapter」詳細