Tokyo Mac Blog

【速報】いよいよのMacBook Pro 2017年モデルに完全対応した、テックツールプロ9.5.2

 

8月29日に、いよいよのMacBook Pro 2017年モデルに完全対応した、テックツールプロ9.5.2です。
最新バージョンは9.5.2。既に9.5をお持ちの方は、アップデートで。新規でご購入の方は、当然ながら既に9.5.2です。

 

 

で、特長は大きく2つ。

MacBook Pro 2017対応。センサーテストなどに使えなかったりしたんですが、バッチリチューンナップされておりました。MBP2017ユーザーの方は、High Sierraに鞍替えする前の今、早めに各箇所を点検して、トラブルはすべて修復しておきましょうね。

 

そして、9.5からの新機能修復機能の、キャッシュ再構築ツールが早くもひとつ追加されましたよ。

 

 

キャッシュ再構築ツールが早くもひとつ追加

 

Dockキャッシュ再構築。Dockのアイコンをクリックしても起動しなかったり、そもそもウンともスンとも状態だったり・・・
あるいは、アプリもフォルダも登録できなかったり。さらにそもそもそもそもDockが消えちゃってたり・・・

など、Dockの動作の問題解決に使用できる便利機能。特にアプリ自体の動きに影響するわけじゃないから、放っておいてた方(そして、しまいにはそれが変に習慣化しちゃってた方)ここらでぜひぜひお試しを。

 

その他、各箇所チューンナップされています。安定、安定。以下、9.5.2 リリースノートより。

 


 

ボリューム再構築、ファイル最適化、ボリューム最適化ツールのいずれかを実行した後に iTunes、Keynote、Pages または Numbers が起動しなくなる問題を修正

キャッシュ再構築ツールに「Dock キャッシュ再構築」のオプションを追加

センサーテストに WWDC 2017 で発表された新しい Mac のモデルを追加

SMART チェックテストで、幾つかの SMART 対応 FireWire 800 外部ハードディスクが検出されない問題を修正

メモリテストで「失敗」したテスト結果が「キャンセル」と報告される問題を修正

データリカバリツールのゴミ箱の履歴機能でのノード検索問題を修正

ボリューム選択リストで重複するボリューム名を正しく扱えるように修正

Protogo と eDrive ツールで「Mac OS X 基本プロファイル」の英語以外のキーボードレイアウトのサポートするように修正

TechTool Protogo のデバイス構築プロセスで報告される、エラー97、エラー98、エラー99 に対処

SMART チェックテストとシステム環境設定での「悪化」を「警告」に変更

サーフェススキャンのテスト時間と状態フィールドのフォントの色とサイズを変更

プロセッサーチェックツールで WWDC 2017 で発表された新しい Mac モデルを認識するように変更

ファンテストツールで非 Apple 製ハードディスクのユニバーサルセンサーケーブルを「失敗」とレポートしていた問題を修正

コンピュータテストとツールの画面で表示される Finder のアイコンを更新

ローカルネットワークツールでの製造者データベースを更新

フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、中国語 (簡体字) のローカリゼーションを更新

コンピュータテストでの位置情報とコンピュータ識別文字列を更新
その他の軽微な修正と改良

 


 

テックツールプロ 9.5(9.5.2)詳細・購入