Tokyo Mac Blog

自分のMacに保存されている動画ファイル、音楽ファイルを「今すぐに」iPhoneに(iPadに)移せたら、
どんなに楽だろう?どんなに自由だろう?

 

「iTunesがすべてのメディアを一箇所に置くことは、メリットとデメリットの両方を持っている。アプリやコンテンツは永遠にロードされて、大きなライブラリ管理が難しくなる場合がある・・・」
(「9to5Toys」より)

 

自分のMacに保存されている動画ファイル、音楽ファイルを「今すぐに」iPhoneで(iPadで)転送できたらどんなに楽だろう?どんなに自由だろう?と思ったこと、誰でも絶対にあると思います。

さらに、iTunesには対応していない動画ファイル、音楽ファイルを「今すぐに」iPhoneで(iPadで)観れたら、聴けたら・・・

そんなシンプルな願いを叶えてくれる魔法のアプリ「WALTR(ウオルター)」が大・大・大バージョンアップして再登場しました!WiFi対応という大きなアイテムを新搭載することによって、Lightningケーブル不要で正真正銘、「今すぐに」「ドラッグ・アンド・ドロップだけ」でMacに保存されたコンテンツをiOSデバイスで楽しむことができます。

 

まずは、マニュアルいらずのそのシンプル過ぎる操作を見てみましょう。

 

 

WALTR 2を起動。WiFiに接続されているすべてのiOSデバイスが表示されます。クリックして、ファイルを転送したいデバイスを選択。(iTunes等と同様に、初めてWALTR 2で使用するiOSデバイスは、Macとデバイスをケーブルで接続して認識させます。一度認識させれば、あとは自動的にWiFiで使えます。)

 

 

Macに保存されている動画、音楽などのファイルをドラッグ・アンド・ドロップ。これだけ。

 

 

転送したいファイルがたくさんある場合、一挙にドラッグ・アンド・ドロップしちゃいましょう。

ちなみに、もちろん、ドラッグ・アンド・ドロップではなく「ファイル指定」ボタンで選択も可。さらに、WiFiが使用できない場所だったら、前バージョンのようにLightningケーブルで接続した転送もOK。

 

 

変換&転送中。

 

 

完了。

 

 

この画面は「今後表示しない」こともできます。

 

 

iPhoneの「ビデオ」をタップ。転送成功。

 

WALTR 2は「変換・転送ツール」。なので、特別な専用再生アプリとか、特殊なスペースとか、フォルダとかそういう類は一切不要です。iPhone、iPadのいつもの場所で、いつものアプリで、いつものように再生するだけです。購入したものと、転送したものが仲良く並ぶ。例えば、転送した音楽ファイルは、購入したもの、あるいはApple Musicとちゃーんと共存。Apple Music が有効なときも音楽を「ダウンロードした音楽」に転送することができます。安心。

 

 

基本的に、WALTR 2の操作は以上!既存の方法のように、【iTunes対応のファイルに、ファイル変換アプリで変換】→変換したファイルをMacに保存→iTunesに追加→iTunes同期という煩雑な作業から一挙に解放されます。ファイル形式変換アプリも、iTunes同期も(というかiTunesも)、そしてケーブルもぜ〜んぶ不要。すべてを端折る。

メタデータ(動画ファイルのチャプターや作品解説、音楽ファイルのアートワークなど)をしっかりと持っているものはそれも同時に転送してくれますよ。

 

 

 

 

 

 

 

気になるのは、対応ファイル形式・・・・・・だいじょうぶ!文字通り、あらゆるファイル形式に対応しています。

 

★動画ファイル:MKV、AVI、MP4、MOV、MPEG、m2ts、3GP、WMV、H264、H265、他

★オーディオファイル:MP3、FLAC、APE、ALAC、AAC、AIFF、WAV、WMA、OGG、OGA、WV、TTA、DFF、他

★その他:PDF、M4B(オーディオブック)、M4R(iPhone着信音)

 

iTunesには対応できないものと(FLAC、MKV)iTunesを通さないと設定できないもの(M4R)・・・フル解像度で最大60fpsの2160P 4K 動画ファイル(iPhone 6s 以降での再生に対応)、ブルーレイディスクをリッピングした時の「MKV」からiPhone着信音のM4Rまでずらっとカバーしております。

 

ハイレゾ音源(最大 192kHz)にも対応。もうすぐiTunesにも対応されると言われている「FLAC」も既にOK。前バージョンで既にお馴染み、「すべての転送されたファイルには、品質低下はナシ。劣化することなく、再生」してくれます。変換(転送)時間も、速い。音楽ファイルや短い動画なら一瞬。ギガ単位の4K動画も5分前後でOKでした(データ、マシンによります)。

 

 

通常ならiTunesを通さないと設定できないiPhoneの着信音も、WALTR 2にドラッグ・アンド・ドロップだけ。転送が完了するとちゃんとiPhoneの設定から選択してね、と表示されました。

 

さらに新バージョンからは、PDFやePUBの転送にも完全対応済。

 

 

アプリは、もちろん純正iBooksでOK。こちらも購入したものと転送されたものが仲良く並んでいます。

 

 

さてさて!WALTR 2、今度はこんな機能も搭載されています。なんと「iPodは2001年デビューマシンから最新型まですべてのモデルに対応」。コ〜レは、まだまだiPod現役ユーザー(『ベイビードライバー』の彼とか!)には嬉しい限り。ヴィンテージiPodなら、音楽ファイルはiTunes同期じゃなくて、WALTR 2転送の方が何かと都合が良いかも!!つか、昔のiPodってiTunes同期できるのかしら?もちろん、非iOS対応モデルはケーブルでの接続でよろしくお願いします。

 

 

ということで、WALTR 2。このアプリ、個人的に(いや!Macユーザーなら誰もがみんな、そうに違いない!)2017年「一度Macにインストールしたら、絶対に外したくないアプリ第一位」に決定ですよ!iTunesを通さない、通せない、通したくない、通すまでもない、通すのが面倒、通すとマズイ、通るのかこれ?、あとでiPhoneでちょっと観するだけ・・・誰にだって、そんなファイルがありまくるのです。

この開放感。

(TokyoMac編集部 yojiro)

 

WALTR 2 詳細