Tokyo Mac Blog

【レビュー】メッセンジャーバッグとブリーフケースのコラボ。
MBP15インチと靴とペットボトルも同居OKの収納力!〜前編

 

結論から言いいます。コレ、パーフェクトだと思います。日々、持ち歩くバッグとして。

プライベート、ビジネス兼用できて、ウソのように大容量で既にお馴染みとなった「SLICKS(スリックス)」。あのSLICKSの「日々、持ち歩く用」といった趣なのがこの「7ven(セブン)」。

「SLICKS(スリックス)」がバックパック+ビジネスバッグだったのに対して、こちらはなんと、メッセンジャーバッグ+ブリーフケース。見事に、プライベート・ビジネス兼用で使えます。なおかつ、ボストンバッグ並みの収納力も確保できるという夢のようなバッグ。

 

プライベートに使える。それでいて、ビジネスにも使える。

 

まずは、テック関連の収納詳細からご紹介。開発陣がジョブズ塾生(?)ということで、テック関連の収納がホント秀逸にキマってますよ。MacBook Pro、MacBook、iPadは、フラップ(蓋)を開けたこの部分。厚めパッドでしっかりと覆われているので耐衝撃性は問題なし。

 

MacBook Pro(15インチOK)、MacBook、iPad Pro収納。
どのサイズのAppleデバイスでも「カッチリ」と固定

デバイスを固定するテープ。すでにここから秀逸なんです。

 

 

どこでも固定できるマジックテープ仕様なので、どのサイズのAppleデバイスでもカッチリと固定できるんですね。GEN3バージョンからはさらにマジックテープ素材を改良。

 

 

サイズ的にはMBP 15インチもご覧の通り、余裕の収納です。

 

 

次に、iPhone行ってみましょう。iPhoneは好みや、シーンに応じて何箇所か収納可能な場所が搭載されています。まずは、この後にご紹介の「デジタルスペース」内のポケットへ。あまり頻繁に使用しないような場合、コチラがオススメ。

 

iPhoneはシーンに合わせてお好みの場所へ。

逆にめっちゃ出し入れが激しい場合、フロントのポケットに。デザインっぽく見えるんですが実はポケットになっているという。

 

 

そしてこちらが、隠しポケット的に搭載されている背面のポケット。ちょっと探しにくい場所にレイアウトされているので、ちょっとしたセキュリティ対策としても良い場所かも。こちらはジッパー無し。

 

 

で、「デジタルスペース」です。フラップを開けるとレイアウトされているこの部分。

 

デジタルスペース。
デッカイ電源アダプタ、長いケーブル、マウス、イヤホン、
HUBにiPad miniにモバイルバッテリー…

ジッパー開けるとこんな感じ。ちなみに左側に搭載されているキーリングは「カチッ」と一発で取り外しOK。持ち歩けます。

 

 

周辺機材、ケーブルから、デバイスまで、ポケットで収納できて、ガンガン入ります。例えば、MBP15インチのデッカイ電源アダプタなども余裕。マウスにイヤフォンにHUBにiPad miniにモバイルバッテリーに・・・どんどん入れておける。

 

 

・・・と言ってもこの「デジタルスペース」はあくまでもサブスペース。メインスペースに、デカブツを入れます。いかにも入りそうでしょ!?

 

メインスペース。
スニーカーから着替、カメラバッグとしても。

大きめの外付ドライブとかバッテリーとか余裕です。ぜんぜん余裕です。数台入っちゃいます。

 

 

スニーカーもイケちゃいます。

 

 

分厚い本。資料も。

 

 

着替え。ちなみに、Tシャツ4枚とソックス2足を入れてみました。一泊の旅行だったらイケちゃいそう。

 

 

カメラバッグとして使ってみるってのもテです。大アリです。デジイチ、レンズ、その他器材、そしてMBPやiPad、バッテリー系までイケちゃいますから。

 

お次は、ストラップの機能。メッセンジャーバッグからブリーフケース、あるいはその逆へのトランスフォーム時に調整するストラップの長さ。通常のメッセンジャーやショルダーバッグのストラップの長さ調整ってもたつきません?

その点、7venはスマート。このバックルの部分は開発チームがホント気の遠くなるような素材を探して開発されているので、すっごく調整しやすい。そして、スンナリと長さを調整した後にやってくる「あの問題」・・・

そうです。あの余った部分のストラップの処理が行き届いてるんです!

 

バッグのストラップのあの問題をクリア!

ちゃんと余った部分を固定しておくホルダーというか、バンドというかが搭載されてるんですよ。これで、余った部分がプランプランしたりしないってワケです。

 

 

さらに、メッセンジャーバッグ時に使用するストラップは、内部に肉厚パッド仕様で身体にやさしい。

ストラップにも、ポケットというギミック。

そればかりでなく、なんとストラップ自体にもポケット搭載。カード、チケットなどわりと頻繁に出し入れするようなモンをどうぞ。コレも嬉しい。

 

 

さてさて、次のギミック。これも「まあ、よく思いついたなあ」という。荷物が多いビジネスで使用する場合とか、旅行で使用する場合の、キャリアに固定しておくバンドが搭載されているんです。

 

 

これ、フツウにデザインに見える箇所なんですが、なんとこういう機能が隠されていたという・・・この必要な時だけ機能する「存在感の無さ」が嬉しいのです。

 

 

こういう「単なるデザインにみえて、ちゃんと機能している」箇所があるのが7venの特長のひとつなんですよ。開発元のアルパカ社の開発チームのブログにもこういう一文がありました。

「スティーブ・ジョブズは、 “設計は、それがどのように見え、どのように感じるのかだけではなく、デザインはどのように機能するのかが重要だ”と言いました。ALPAKA 7venバッグは、まさに1つの製品で形態と機能が完璧に結びついているのです。」

 

そうそう。まさにそんな感じが伝わってくるバッグなのです。お次は、ボトルポケット

 

 

ペットボトルや、最近流行のモバイル用のサーモマグとか入れておきます。実はこのポケット、左右に搭載されてるんですが、開発側は片方をグラスポケット(メガネやサングラスをポンと入れておく)と言っています。このあたりは自分の目的に合った使い方が正解かと。いずれにしろ、シツコイですが
MacBookとサーモマグがスンナリと同居しちゃえるバッグ、いいなあ、と。

 

ここで、重要なマテリアル関連もご紹介しておきます。

ブラックの素材はバリスティックナイロン(1000デニール)。デュポン社がフライトジャケットなんかの軍用に開発したという、通常の5倍(!)強度のナイロンなのです。最近だと、時計バンドなんかにも使用されている言わずと知れた強力マテリアル。防水能力もあります。※デニール・・・線密度、繊度、糸・繊維の太さの単位

 

デュポン社がフライトジャケット等の軍用に開発。
通常の5倍(!)強度のナイロン。内部も強力。

そしてグレーは見た目ウールっぽいんですが、これが強力な仕掛けが施されているフェイクウールなんですね。ポリエステル・ナイロン・ポリウレタンの3素材で頑丈に製造されていますから、こちらも強度は万全。

 

 

で、強度と言えば、ブラック、グレー共に使用されている内部のマテリアルにも注目です。内部のほとんどの場所に使用されているのがリップストップナイロン(210デニール)というやつ。こちらはアウトドア、登山関連に使用されているのが有名。万が一、破けたとして、縫い込まれたナイロンの繊維自体が破け目の進行を食い止めるという頭のいい素材。その頑丈さから、こちらも軍用の服にも使用されている模様。ギミックだけじゃなくて、マテリアルもこれまたスゴイという7venです。

 

 

ブリーフケーススタイル時に使用するハンドルも注目。合皮で覆われています。

 

 

こういうバッグのハンドルってオマケ的なモンが多いと思うのですが、7venのハンドルは持った時に「あ!ガッシリしてる♥」という安心感が他と違います。ちゃんとブリーフケースのハンドルとして機能してます。

 

 

で、逆に、底面にもご注目を。コ〜レはなかなかメッセンジャーバッグには考えられないモノ。そうです。ラバーフットが付いてるのです。地面やちょいと心配な場所に置く時にコレは絶対に良い!しかもこれで、耐衝撃性が高くなるという。MacBookとか入れてるとなかなかに嬉しいです。これは。

 

フォルム自体が機能。

全体的なフォルムのお話なんですが、7ven自体は底面がマチになった三角形のフォルムです。

この三角形というのが要になっていて、当然のことながら、中に入れたMacBookが転倒しにくいんですね。さらにメッセンジャーバッグモードで使用中はあなたの背中との密着度♥が高くなるから背負やすいわけです。

さらにさらに、この形状だから「荷物が多い時は、自然に膨らむし、少ない時はスリムに使える」のです。ここがボストンバッグなんかとは違うポイントではないでしょうか。ボストンバッグで荷物少ない時ってヘナヘナっとしちゃってなんだかかっこ悪いっすもんね。アレが無い。あるいは、荷物入れすぎて妙な太り方する。アレも無いです。つまり、スマートです。

というわけで、とりあえず7venのファーストインプレッションはひとまず終わり・・・ません!まだああります!後編エントリーへ!・・・・・・しかし、多機能。まさにパーフェクト。まさかバッグひとつの説明がこんなに長くなるなんて・・・新発売にして、既にスタンダードですよコレ!新作なのに古典!

(TokyoMac編集部 Y)

 

7ven 詳細・購入

※モデルによって完売→再入荷を繰り返しています。「即納可能」を確認できたら速購入をオススメ。

 

後編エントリーへ

●サブストラップで、身体に密着させてみる。
●あの「バリバリッ!」音を最低限に。静音ベルクロ。
●届けば、わかる!裁縫のクオリティ。
●コレ、大事。選べる右肩掛け・左肩掛けモデル。
●こいつら、スゴイな!アルパカ社7ven開発チームについて。
●専用ケースまで付いてくるのだ。ここまでやるのか!