Tokyo Mac Blog

YouTubeとツイッター。
Macで使うダウンローダについてちょろっと。

 

何気に使うシーンが多い、ダウンローダ(くれぐれもコンテンツは個人でお楽しみくださいませ)。
今日はMacで使うダウンローダについてちょろっと。

まずは、お馴染み「Airy 3(エアリー 3)」。YouTube動画「これでもか!」って感じで、マーベラスにダウンロードできます。

エアリー 3のまずはの利点といえば、やっぱり、各種ブラウザに完全対応という点。サファリ、クローム、ファイアフォックス、オペラとほぼすべての主要ブラウザ対応。アイコンをブラウザにドラッグすれば、拡張機能のようにこんな感じでメニューに常時表示されます。

アプリを起動させて、とか、ダウンローダサイトにアクセスしてURLをペーストして、とか面倒臭い段取りはすべてスルーできますよ。ブラウザのメニューバーをクリックすれば、エアリー 3が自動で起動して、ボタンを1クリックだけで今観てるYouTube動画がダウンロードされます。

 

 

YouTubeチャンネルまとめて、とか、リスト一式のダウンロードも1クリックでOK。年齢制限されている動画も、ログインされていれば問題なしでダウンロード。

 

 

さらにまだ、公式ページに掲載されていない裏ワザ、アリです。YouTube閲覧中にたまに出てくる「字幕付き動画」。コイツも字幕ごとまるっとダウンロードできるのです!この場合、レイヤーになっている「.srt」(SRTファイルはテキスト形式の字幕ファイルのこと)ファイルも一緒にダウンロードしてくれるんですよ。

字幕付きYouTube動画を、エアリー 3でダウンロードすると、このようにフォルダでダウンロードされます。

 

 

フォルダの中には通常の動画ファイルと、.srtファイルの2つが保存されています。「やっぱ字幕いらないや」という場合、通常の動画ファイルをいつものように再生すれば良し。

 

 

字幕を付けた動画を再生するには、クイックタイムプレーヤーだとNG。オススメは、VLCのMac版

 

 

VLCで動画ファイルを再生すれば、.srtファイルの方も読みこまれて、字幕付き動画で再生できます。もし、字幕が付いていないようでしたら、VLCのメニュー → 字幕 → 字幕ファイルの追加 → エアリー3でダウンロードした.srtファイル を指定してあげれば、難なく再生OK。

 

 

さてさてお次。例えば、ツイッターのダウンローダを研究してみましょう。みなさん、現在、ツイッターの動画(あるいは画像)、どうやってダウンロードしてます?

まずは、こうしたダウンローダのサイトにURLコピペして、って感じかと思います。ちなみに、この「ビデオダウンローダー」というサイト、なかなか優秀で他のダウンローダサイトではなぜかダウンロードできない重めのHD動画などもOKでしたよ。

 

 

でもって、例えば、前出のエアリー3みたいに、ツイッター閲覧中にアプリ起動も他サイトへのURLコピペもナシで、即座にダウンロードできる方法って無いだろうか?と探してみたところ、コレが一番の近道かというものを発見。

Chromeの拡張機能Twitterメディアダウンローダ」。

 

 

 

スゴイのは、ツイートに常時ダウンロードボタンが表示されちゃうというトコロ!

 

さらに、画像ボタンでダウンロードすると、ちゃんと複数枚の画像もZIP圧縮されてダウンロードしてくれちゃうという技アリ機能。

 

いろいろな機能設定もできますよ。(【Alt】押下時は・・・なんて書いてありますがもちろんブラウザの拡張機能なんでWindowsユーザーも使用しているわけですからこういうところはスルーの方向で・・・)

 

 

とにかく、エアリー3にしろ、このChromeの拡張機能にしろ、ダウンローダで一番重要なところは「準備いらずで、いつでも今すぐその場でボタン一発でダウンロードできる」という点ではないでしょうか。「イマスグ!」が正義ってな感じで。

(TokyoMac編集部 Y&O)

 

Mac専用 YouTubeダウンローダ Airy 3

Twitter動画ダウンロード

Twitter メディアダウンローダ(Google Chrome拡張機能プラグイン)