Tokyo Mac Blog

【レビュー】Parallels® Desktop 14
macOS 10.14 Mojave対応他100以上の新機能・強化

Parallels Desktop 14(パラレルスデスクトップ)最新バージョンがリリースされました。

なにしろ、今回のバージョンアップで「100以上の新機能と機能強化」が搭載されているとのことで、ここにすべてを書くことは難しく、とりあえずササッとご紹介。

主な機能の一覧はこちらにまとめてあります。こちらも必読でよろしくお願いいたします〜。例によって、アクト・ツーのサポートチームさんのご協力により成り立つこのエントリーでございます。

さてさて、なんと言っても今回一番の目玉はコレ!そうです。macOS 10.14 Mojaveを早くもサポート。間もなくリリース予定のMojaveの機能の数々がWindowsでも使えますよ。

 

Mojave対応。ダークモード、Continuity Camera 他

ダークモード、Continuity Camera、Quick Look(Macクイックアクション)・・・

これで、iPhoneでカシャッと撮影したスナップを、その場で瞬時にWindowsアプリに貼っ付ける、なんてこともできちゃいます。もうParallelsは「MacでWindows」どころか「MacとiPhoneで、Windows」の世界です。

もちろん、Mojave自体をゲストOSにしちゃうこともできますから、High Sierra上でMojaveを動かすことも。新バージョンで、「ホスト及びゲストOSとして」のmacOS MojaveのサポートがOKなわけです。Mojaveで動かすWindowsに関しては、Mojaveリリース後にまたお知らせいたします!

 

Windows 10 トライアル版のインストールアシスタント!Parallelsからの、Windows 10インストール周りがよりスピーディーになりました。

 

Windows 10 トライアル版のインストール

Windows 10 トライアル版のインストールアシスタント!? Parallelsからの、Windows 10インストール周りがよりダイレクトに、よりスピーディーになりました。

 

Parallels Desktop 14 を新規インストールする過程で Windows 10 トライアル版のインストールアシスタントが表示されます。Parallels Desktop 14 を購入したその日から Windows 10 のトライアル版も一緒にご利用できます。

 

「Windows 10 シームレスインストール自体は前バージョンのPD 13でも存在していましたが、新バージョンから正式機能となりました。」(アクト・ツー サポートチーム・談)

ほぼ何も考えなくて良いほど、Parallels 14上でWindowsのインストールが完了します。で!素晴らしいのが、Parallels 14上から、Windows 10のトライアル版がダウンロードできちゃうという点。詳細はサポートチームさんの言葉を拝借・・・

 

「実際にインストールされるWindows 10はアカウント編集や Windows Update の制限があるなど、機能が制限されており、”WIndows OS のアクティベーションが必要”というメッセージが表示されるようになります。アクティベーション作業はしなくても使えますが、前述のように機能制限があるため、あくまでも”トライアル版”と認識して、できるだけ早めに製品版をインストールしてくださいね。ちなみに Windows OS のトライアル版というものは市場には一切存在しません。」(アクト・ツーのサポートチーム・談)

 

リリース前から、関係者の間で話題(?)となっていたのが「ストレージ最適化」機能。仮想マシンのハードディスク(.hdd ファイル)のサイズが、ネイティブのWindowsデフラグによりバックグラウンドで自動的に最適化されるという嬉しい機能。(Windows 8 以降です)

 

「つまり、こういうことです。先日新バージョンが発売されたTechTool Pro 10の製品詳細ページの図説がわかりやすいので、コレを使ってみましょう。断片化されてちゃってたWindowsのデータを元のキレイなデータに自動で修正してくれるわけです。」(アクト・ツーのサポートチーム・談)

 

「ストレージ最適化」機能

みなさんご存知のように仮想マシン(vm)のサイズはデカくて、だいたい15GBから100GB以上。仮想環境には、WindowsとMacの2つのOSのストレージメカニズムが存在するので、両方のメカニズムを考慮に入れたストレージ最適化を自動で実行してくれるのが今回のParallels 14。

なにしろ、一例として、約20GBものストレージの節約も可能とのことで、オフィシャルページに詳細のテスト結果があるのでこちらも必読で。

 

さてさて今回のParallelsはグラフィックの向上にも重点的に取り組まれているのですよ。

例えば、一例。グラフィック機能の改善によって、4Kウェブカメラのサポートが可能になったのです。電話会議や動画撮影時の解像度フレームレートが大幅アップ。

 

Windowsで、4KのWebカメラもOK

加えて、ビデオメモリの割り当て方法を変更し、Open GL のサポートが改善されました。前バージョン(PD13)では起動できなかった下記のWindowsアプリがすべて起動OKとなりました。3D系や科学技術系ユーザーの方々には嬉しいバージョンアップ。

CAD/CAM アプリ
SketchUp 2017/2018
Autodesk ReCap 360
DELFTship
AutoSPRINK

科学データ可視化アプリ
CTVox
Trimble Point Cloud Viewer
Geoscience ANALYST
OriginLab

ゲーム
Full Throttle Remastered

 

 

で、お次はMacBook Proユーザーの方々にも朗報!的な機能強化。Touch Bar対応アプリが一挙に増えて、カスタマイズの自由度もアップ!最早、WindowsアプリもTouch Bar使いまくりでどぞどぞ。

 

マイクロソフト系アプリ
OneNote、Microsoft Visio、Microsoft Visual Studio

あら?そういえば前バージョンではOneNote未対応でしたか・・・何にしても嬉しい。


AutoCAD、Autodesk Revit、Quicken、Quickbooks Desktop、 SketchUp

 

 

Touch Bar 強化。

Touch Barのカスタマイズ機能も強化されていますよ。新たに対応したAutoCADのTouch Barをカスタマイズしてみます。

 

 

「Touch Bar に対応しているWindowsアプリケーションはカスタマイズも可能なんです。あらかじめプリセットされているものをそのまま使うもよし、自分専用にカスタマイズを施して使うもよし、という感じでしょうか」(アクト・ツー サポートチーム・談)

 

ちなみに、「XML(Extensible Markup Language)いじれるよ〜」ってな方は、XMLでもカスタマイズ可能になってます。

リソースモニターも一新されました。フルスクリーンモードなどでWindowsを起動させている時でも、いつでもCPU使用量をステータスバーでスピーディーに閲覧、管理できます。「あら?なんか動き遅くなったかな?」なんて時にちょろっと確認。

 

Parallels 14からは、Windowsに必要なビデオメモリの容量も自動的に調整されるようになりました。この自動調整によって常に最高のパフォーマンスを発揮できます。

 

 

[ディスクの空き領域を増やす] ダイアログが大幅に再設計され、簡素化されました。

 

「前バージョンのディスク領域の開放は、各仮想マシンのコントロールセンターにアクセスしてディスク領域の再利用(ディスクの空き容量確保)が必要でした。最新バージョンではディスク領域のメニューが再設計されています。一つのウィンドウ内でディスク領域を再利用したい仮想マシンを選択して、再利用ボタンをクリックするだけで処理が可能になったんです。」(アクト・ツー サポートチーム・談)

 

再利用ボタンをクリックするだけで、ディスク領域を開放できる。

そして、恒例のチューンナップっぷりを「13」との数字での比較。

● Windows アプリケーションやドキュメントの起動が最大 3 倍に高速化

●MacBookでの使用時にバッテリー持続時間が 30% 増加。

APFS パーティションでサスペンド操作時間を最大30%短縮。

共有カメラでフレーム数/秒が最大130%増加。

Coherence ビューモードでフレーム数/秒が最大17%増加。

Mac のカメラをWindows と共有する場合のCPUリソースの使用量を最大3倍削減。

他・・・

そして冒頭にも書いたように、まだまだ新機能・新たな強化が目白押し。まずは「主な新機能と機能強化」一覧まとめページへどうぞ!macOS 10.14 Mojaveリリース時のエントリーもお楽しみに!

 

Parallels Desktop 14 製品詳細・購入

 

Parallels Desktop 14   主な新機能と機能強化一覧