Tokyo Mac Blog

ハイパードライブSOLOを、新しいiPad Proと新しいMacBook Airで使おう。ヘッドフォンジャックも復活。SDカードから写真/動画保存、USBキーボードで入力…他!

 

9月からの2018年後半は、Apple怒涛のリリースラッシュと言えたのではないでしょうか?
iPhone XS/XS Maxに始まり、iOS12やmojaveの新OSたち、Apple Watch、XRにiPad Proの新型、そして噂通りのiPad Pro。もちろん、アップルペンシルとキーボード搭載フォリオの新型。かと思えば、まさかのMacBook AirとMac miniも登場。密かにMacBook Proのパワーアップ版とかも登場したり・・・現在のAppleのラインナップって気がつくとiOSデバイスもMacも玉石混交状態で、なかなかに自分の生活に即した製品をプランするのも大変(にして、楽しい)作業です。

というわけで、そんな楽しいカオス状態の中、「いずれのAppleデバイスにも、こ〜れは効く」というモノをご紹介。

 

いや、既にとっくにリリースされている、MacBook Proでお馴染みの定番HUB「ハイパードライブ」なんです。
この秋にHUB3兄弟【DUO】【PRO】【SOLO】が一挙にキャンペーン価格になって、既に【DUO】【PRO】は完売。残るは【SOLO】のみなんですが、コレが若干残っているこの段階でMacBook AirとiPad Proが来たっ!というわけです。

まずは、基本情報として、【SOLO】はMacBook Pro 2018にも完全対応。

 

 

もちろん、MacBookにも完全対応。そして、今回の新しいMacBook Air(2018)にも完全対応。つまり、ここ最近のMacBookシリーズ使ってる方は問題なく、使えるってわけです。いきなり新型になってThunderbolt 3(TYPE-C)とオーディオジャックしか搭載されていないことに面食らった旧MacBook Airユーザーの方はまずはこれで安心です。SDカードも、USB-Aも、HDMIも使えます。なにしろ、スペックは安心のHYPERブランド。ここから巷のHUBブームが始まったわけですから。

 

 

そしてそして、なんといってもハイパードライブが、遂にiPadに使える日がやってきました!LightningからTYPE-Cに変わると一挙に「できること」が激変するとはわかっちゃいましたが、やっぱりいざ実現するとなるとワクワクしますわな。

 

 

11インチのiPad Proにサイズピッタリなんですよ!まるでiPad Pro発表前から設計されていたかのように。コレだけピチッとしていると気持ちいいっす。

 

 

まずはコレでしょう!
大方の予想通り、キレイに消えてしまった「ヘッドフォンジャック(イヤフォンジャック/オーディオジャック)」が復活の日ですよ!

 

 

いや、そろそろワイヤレスがメインの時代になりつつあるのはわかっちゃいますが、あれやこれやでなにかと便利な有線です。どうしても替えたくないお気に入りのヘッドフォンとか、人からちょっい借りのヘッドフォンとか、現場でちょいとスピーカーで音出したい時とかまだまだ活躍中なハズ。iPhone 6 あたりのぜんぜん使ってなかったイヤフォンも復活ですよ。

 

 

そして、やっぱりiPadで面倒くさいことナシでコレがやりたかった!SD/micrSDカードの読み込み!

 

 

ハイパードライブのカードスロットにスロっと入れれば、即、OK!【写真】を起動すると、もうカード内のサムネがズラズラズラっと瞬時に読み込まれています(爆速。これがiPad Proの実力ってやつ?)あとは、iPad Proに保存したい写真を選択して保存するだけ。

 

 

一眼もコンデジも、WiFi取り込みが完全に浸透している昨今ですが、まだまだカードからの読み込みと並行している方、絶対多いハズ。(実際、まだなんとなく動きが怪しい専用アプリなんかもあるし・・・)とにかく、四の五の言わずに、「iPadで、SDカードの写真データが読み込める」という至極単純なコトがやっとこさ実現できた感、あります。

 

 

もちろん、動画読み込み(保存)もOK。

 

 

さらに、HYPER JUICE SOLOをiPad Proに装着するとコレも可能になりますよ。

 

 

HDMIポートが搭載されているので、iPad Proの画面を外部モニター、テレビに映し出すことができます。まるでMacを操作しているような感覚。映画、ゲームにもうってつけですなあ。

 

 

ちなみに、【ビデオ】の中の映画を外部モニター、テレビで観る場合、当然のことながらiPad Pro自体のディスプレイはこの画面になります。

 

 

そして、これは予想外だったのが「iPad Proで、USBキーボードが使える」というアドバンテージ。

 

 

TYPE-A(もちろん、どちらでもOK)にキーボードのUSBケーブルを挿入すれば、即、使えますよ。

 

 

ちなみにこの撮影に使用したのはエレコム社さん製のWindows用(!)のキーボード。もちろん、Windows用なので細かなキー箇所のアサインは無理ですが、通常の入力作業にはまったく問題なく使えました。ちなみにAmazonでは現在、887円!

筆者の場合、iPad (Pro)は動画の閲覧とか編集とか、ペンシル使う作業とかに絞っているのでほぼキーボード不要なんです。iPadでそれほど頻繁にはキーボード使わない人ってけっこういるんじゃないでしょうかね・・・純正Smart Keyboard Folio買うほどじゃないな、という方。でも、いつかはガッチリと入力しなきゃならない瞬間が来るでしょう。そんな時、USBキーボードで「とりあえず」打てれば、その場は解決です。なにしろ今、USBキーボードってめちゃめちゃ安いし、古いのを持ってる人も多いだろうし。

 

 

 

つーわけで、「過去の遺産だけど、捨てたくないし、慣れているから使いたい」モノを復活できる、そしてそれが吊るしの状態の新しいiPad Proじゃぜったいにできないとしたら、やっぱり、ハイパードライブ SOLO、1本持っとくのをオススメです。

あと、iPad Proに充電(Apple 29W USB-C電源アダプタ以上)もOK。まだまだできるソリューションありそうだなあ(あ、iPad Proではストレージ、CD、DVDの読み込みはできませんのであしからず)。

しかしまさか、こういう使い方する日が来るとは・・・まさに「時代なんか、パッと変わる。」ってやつです。

 

 

今なら、キャンペーンで2,000円OFF。コレはデカイ。

(TokyoMac編集部 Y)

 

HYPER DRIVE SOLO(ハイパードライブ・ソロ)