Tokyo Mac Blog

【レビュー】VideoDuke(4K/8K対応・追記有)

 

2019年、絶対にMacにインストールしておきたいアプリがニューリリースされましたよ!

VideoDuke】(ビデオデューク)。「公爵」!あるいは「君主」と名乗るにふさわしい強力なアプリでございます。

さてさて、VideoDukeをご紹介する前にこのアプリの前身となっている【Airy】(エアリー)のことを。このAirlyは、バージョン3までリリースされ続けている人気定番アプリ。YouTubeにアップされている動画をMacで完璧に、そして自由自在にダウンロードできるツール。既にお持ちの方も多いかと。

このAirlyの飛び級的進化版が今回ご紹介のVideoDukeなのです!

 

定番Airyの飛び級的進化版

 

まずは、コレをご紹介しないわけにはいきません。AiryではYouTubeだけだった動画が、VimeoとdailymotionもダウンロードOKとなりました!

お馴染み高画質でじっくり閲覧できるVimeoも、玉石混交でありとあらゆる動画が隠されているdailymotionもVideoDuke様ダウンロード傘下となりました。(ホントはさらにダウンロードできる動画がありますがそれは後ほど・・・)

使い方と機能を同時にご紹介してきましょう。

まずは、Airyでは既にお馴染み。今、あなたが使っているインターネットブラウザにVideoDukeを登録しておきます。登録ったって、ただ単にブラウザのブックマークに加えておくだけ。

 

 

【メニュー】→【ブラウザに統合】。開発会社【eltima】のVideoDukeページにアクセスされるので、【Open in VideoDuke】をブックマークメニューにドラッグするだけ。

 

 

 

これであなたがサイト閲覧中にダウンロードしたい動画や音声が見つかったら、あなたのブラウザのこのボタンを押すだけで、自動的にVideoDukeがオープン。Airyではもうお馴染みの便利機能。そして、Airy同様、ほぼすべての主要ブラウザに完全対応しておりますぞ。

 

 

さて、YouTube閲覧中にダウンロードしてみます。【Open in VideoDuke】をクリックするとVideoDukeが自動でオープンされました。

 

シンプルモード。Vimeoもdailymotionも。

 

こんな感じに、動画のサムネ、タイトル、サイズ、そして自由に選択できる解像度のプルダウンメニューが表示されます。あとは、ダウンロードボタンを押すだけ。至極簡単。シンプル。

 

 

同じく、Vimeoも!

 

 

dailymotionだって。

 

 

ここまでは、AiryがVimeoとdailymotionのダウンロードも可能となったという機能ですが(それも十分スゴイんですが)・・・

・・・この【アドバンスドモード】という謎のモードをクリックしてみましょう。

 

アドバンスドモード

 

こう来たかっ!!画面の上半分に、ブラウザで今見ているYouTubeページが、そして下半分にはなにやらダウンロードのボタン・・・

 

 

そしてよくみると【すべてのリソース】【ビデオ】【オーディオ】【Flash】というボタンが並んでいます。

 

独自ブラウザで、さらに自由自在に。

 

この【アドバンスドモード】の画面が一種の「簡易ブラウザ」のようになっているわけです。

なので、基本的にあなたのいつものブラウザを使用しなくてもこの【アドバンスドモード】のVideoDuke独自ブラウザだけでもファイルのダウンロードがOKと相成ります。

当然のことながら独自ブラウザにURLを入力すればちゃんとアクセスできます。アクセスしたページにブックマークも可能。

 

 

ちなみに、この独自ブラウザのホームボタンを押すとこんな画面が表示されます。動画配信サイトのボタンをクリックしてそれぞれのサイトへ。

 

 

で!ここ重要なのですが、このVideoDuke独自ブラウザで動画配信サイトのページではなく、通常のサイトにアクセスしてみると・・・・・・サンプルとしてTokyoMacのブログページにアクセスしてみると・・・

 

 

・・・そのページに貼ってある動画が(YouTube、Vimeo、dailymotionなどの)配信サイトに行かずともダイレクトにダウンロードできちゃうんですよ!こ〜〜〜れが欲しかったやつだ!!

で、動画以外のファイルのダウンロードもできちゃうわけですから、このページの画像やら音声ファイルも、そしてページのファイルまるごとダイレクトにダウンロードできるのです。

 

 

Airyの便利機能をそのまま踏襲。

 

もちろん、AiryのようにプレイリストごとまるっとダウンロードもOK。

 

 

HTML5埋め込み動画や
RTMTプロトコルでアップされている
動画ダウンロードも。

 

【Flash】は今やちょいと微妙な時代になったのでアレですが、何かのためにあればあったで良いかもです。

つーよりも!Flashよりも(失礼)!実はこのVideoDuke、YouTube、Vimeo、dailymotionの他にもダウンロードできる動画があるんです。

 

例えば、HTML5(埋め込み)でアップされてたり、RTMTプロトコルでアップされている動画があるページの動画がダウンロードできちゃったりしてます。(ただし、YouTube、Vimeo、dailymotion以外はサポート外になるのでみなさん自己責任にてお願いいたします)

うーん・・・(いい意味で)困った・・・「ひまわり動画」の動画がダウンロードできてしまった・・・(~_~;)・・・他にもダウンロードできちゃった動画があるので、ここはとりあえずVideoDukeでダウンロードできるか試して見たほうがうーんと得策かと。いやこれ強力!

 

 

 

1月30日・追記!

なんと、年末発売のVideoDukeが、年が明けた今、早速の大進化(アップデート=Version 1.1 )!約束通り【YouTube 4K対応】・・・どころか、なんと【YouTube 5K/8K対応】にも。

 

早速、テスト。まずは4K動画。成功!

 

 

そして、まさかの8Kも成功!!

 

 

感動の解像度選択画面。

 

 

さらに今回のアップデートにより、DL完了後の通知センター対応。そしてダウンロード速度の改善も行われました。一挙に進化した感、強し。買い。

 

 

 

ここからは、Airyでも既にお馴染みの解説を。eltima社のダウンロードアプリがお初の方は、ぜひご一読をば。

まず、音声ファイル。動画のMP3ファイルのみ抽出してダウンロードできちゃうわけなんですが、メタデータがある場合、iTunesに登録するとアートワークごと登録できます。

 

 

あと、当然といえば当然なんですが、Airy時にもたまに質問いただいたことで、「YouTube動画をダウンロードすると広告はどうなるの?」ってアレ。もちろん、広告関連はキレイサッパリ消えます。さらに言うまでもありませんが、YouTubeのプレイヤー部分も消えます、つまり、純粋にピュアな動画のみをダウンロードできます。

 

 

そしてVideoDukeもAiry同様、YouTube字幕付き動画の場合は字幕ごとダウンロード保存OK。詳しくは当ブログバックナンバーをどぞどぞ。簡単です。

 

 

というわけで、飛び級進化を果たしてVimeoや独自ブラウザまで提供開始というVideoDuke。おまけにアップデートで早くも4Kも8Kも対応と急進化。コレはもうMacインスコ必須なのであります。

(TokyoMac編集部・ヨウジロウ)

 

VideoDuke 詳細・購入

 

※※動画、音楽などはあくまでも個人でお楽しみください。配信、公開などは法律で禁止されています。VideoDukeを利用して発生した如何なる損害についてもact2、TokyoMacは一切の責任を負いません。ご了承ください。