InstagramTokyo Mac Facebook
これはもう「Appleデバイス用」外付けディスクケースだ!
シリコンバレーの北、カリフォルニア州フレモントからやって来た強烈ギア。


自分で好きなハードディスクを入れて使う。わずか数分で組み込み完了。
Macに使えるUSB3.0高速外付けハードディスクと、iPhone、iPadで無線アクセスできるディスクが合体した自分だけのAppleデバイス用ディスクの完成。

さらに、USBメモリや、他の外付けハードディスク、SDカードを挿入すれば、それらがすべて無線ディスク化可能!ネット回線ナシでも使用可能なので、外出先でもOK!iPhoneのバッテリーにもなります!
「一度使うとヤミツキになる」ハイパーシリーズを牽引する強烈なギアのヒトツです。
Mac の外付ディスクと、
iPhone、iPadのディスクが合体。
自分で購入したハードディスクが、Mac、PC の高速外付けディスクに。
USB2.0の約10倍速いアクセススピードのUSB3.0。あなたが用意したハードディスクをiUSBport HDにセットするだけで、高速アクセスのMacの外付けディスクの完成です。
HDDをセット。簡単です。ハードディスクを入れる。数分で完成。HDDをセット。簡単です。ハードディスクを入れる。数分で完成。
量販店やAmazonでハードディスクを買う。
あとは、入れるだけ。
ドライバ付属。今すぐ完成。
お好きなHDDやSSDをiUSBport HDにセットするだけで、あなた仕様のドライブが完成。約5分以内の超カンタン作業。
ドライバーが付属していますので、他に道具などは一切不要。
もちろん、パソコン関連の組み立て知識などもまったく不要です。
一度セットして、他のディスクに交換することもカンタンです。
ディスクを差し込む
付属のドライバでネジ止め
蓋をして完成。
専用ドライバ・ネジ付属。 他の道具は一切不要です。
※HDD / SSD の厚さは 9.5mm までセット可能です。
「USB2.0」データ転送速度が480Mbps。
「USB3.0」データ転送速度が5000Mbps。

体感的には数倍の速度。かなりの速さを感じることができます。
規格上では約10倍転送速度です。
SuperSpeed USBという名称もあります。

外付HDDへのバックアップなど比較的大容量データ転送時などにも大活躍。
USB 3 デバイスの給電能力は最大 900 mA (USB 2 デバイスの給電能力は最大 500 mA)。
900 mA の電流を利用するには、USB 3 ケーブルが必要。もちろん、iUSBport HDには専用ケーブルが同梱。
iPhone、iPad の無線外付けディスクに。
インターネット回線不要のWiFi。
いつでもどこでも繋がるあなただけのクラウドです。
iUSBport HDをMacから外したら、今度はiPhone、iPadのディスクとして使います。
ケーブルや変換アダプタなどは一切不要。それどころか、インターネット回線も不要です。外出先のどこにいても、スマートにディスクにアクセス。

フィジカルなあなただけのディスク。iUSBport HDは、Mac、iPhone、iPadに使えるあなただけのApple ディスク、あなただけのクラウドなのです。
ネット回線ナシでも。既存のWiFiネットワークでも。用途に合わせて切り替え可能です。
回線なしモード
回線ありモード
アドホックモード(ネット回線不要)
インターネット回線不要でiUSBport HDにアクセスできるのが「アドホックモード」。デバイスのWiFi設定から「iUSBport HD」を選択していただくだけでいつでもどこでもご利用いただけます。もちろん、SSID名やパスワードも設定することができます。
インフラストラクチャーモード
(利用中のWiFiネットワークでアクセス)
もちろん、現在ご利用のWiFiネットワークもご利用いただけます。設定画面に現在ご利用のWiFiネットワーク名が表示されますので、選択後、ご利用中のWiFiネットワークのパスワードを入力するだけです。
今、ご利用のストレージをWiFi化。
外付けディスクやUSBメモリが、iOSデバイスのディスクとして蘇ります。
今現在あなたが使用している、外付ディスク、USBメモリ、カメラやガジェット・・・
これらのストレージをiUSBport HDにコネクトするだけで、WiFi化させることができます!
iPhoneやiPad、スマホから無線で様々なストレージにアクセス。iPhoneやiPadの中に 保存されていたデータをどんどん、ストレージに移しておけば、iPhoneやiPadの容量を圧迫しません。
さらに、ストレージの保存してあるデータをiUSBport HDにセットしたHDDやiPhone に移動することも可能。MacやPC無しで、ストレージ間の管理ができるのです。

Mac媒体の各賞を受賞している「iUSBport 2」で既に大好評のこの機能が、iUSBport HDにも搭載されています。
SDカードを本体に挿入すれば、WiFi化。
デジカメ撮影後、MacやPCナシで即、iOSへ。
iUSBport HDには、SDカードスロットも搭載。
SDカードを挿入して、すぐにiOSデバイスでカードの中のデータにアクセス。

今まで、MacやPCにSDカードのデータを一度保存していた作業が、iPhoneや iPadしかない状況でもOKに。

デジタル一眼レフカメラで撮影。SDカードをiUSBport HDに挿入して、すぐに iPhoneやiPadに保存したり、SNSで共有したり。この機能はキックスターターの ユーザーの声から生まれました。専用アプリなどでアクセスした場合、写真のサムネも表示されますのでとても便利です。あなたのiPhoneにもSDカードを!
専用アプリ以外にも、約100以上のアプリに対応。使い慣れたアプリ、新しくDLしたアプリでも使おう。
iUSBport HDに、iPhoneやiPad、スマホでアクセスするにはどんなアプリを使えばよいか?
専用アプリはもちろん、あなたが現在ご利用中のアプリでそのままアクセスできるのです。
また、アプリのように多機能ではなく機能は制限されますが、インターネットブラウザSafariでもアクセスできます。
新しいアプリをダウンロードしたら、iUSBport HDが活用できる場合がありますので、どんどん試してみてください!
専用アプリはもちろん、ブラウザでも。
100種類以上のアプリにも対応。
iUSBport HDは、「専用アプリと組み合わせないと使えない」ガジェットではありません。
App StoreやGoogle Playで配信されている100以上のアプリでご利用いただけます。
例えば、クラウドサービス(iCloud、Dropbox、Google Drive、One Driveなど)を使うアプリや、
PDFリーダー、ファイル管理アプリ、動画や音楽再生アプリなど。

もちろん、無料の専用アプリ(iPhone、iPad、Android各デバイス対応)も用意されています。
また、Mac OS X のFTPクライアントアプリなどでも利用できます。

TokyoMacブログでは、随時、iUSBport HDやiUSBport 2、iUSBport CAMERA 2で利用できるアプリの
テストを行っています。ぜひご一読くださいませ。
Documents 5 でアクセスする。

ファイルマネージャーでアクセス。 

iUSBport HDが使える数多くのアプリから、iOSデバイス定番ファイル管理アプリの「Documents 5」を使用してみました。
ファイルの移動、コピー、アップなど、DropboxやGoogle Driveのようなクラウドサービスと同様の操作で行えます。
Safari でアクセスする。

アプリも使わず、Safariで今スグアクセス。 

例えば、その場にいるあなた以外のiPhoneやiPadを使っている人にもディスクの中身を共有可能です。アプリをインストールしていなくても、Safari(ブラウザ)でアクセスが可能。URLアドレス欄にiUSBport HDのLCD画面に表示される 数字を入力するだけ。

ブラウザなので、専用アプリや他のファイル管理アプリのようにファイルの移動などはできませんが、素早く確認できるので便利なアクセス方法です。
Mac OS X や Windows でサーバとしてアクセス。FTPクライアント等でも。
macOS Sierra駆動確認済み。
例えば、iCloud や Google Drive などのクラウドサービス(サーバ)として、Mac や PC でアクセスも可能です。

例えば Mac の場合、ファインダーメニュー【移動】→【サーバへ接続】でアドレスを入力するだけで即、アクセス。
さらにいつもMacでご利用のFTPクライアントアプリなどでも同様に「サーバとして」アクセスが可能です。
iCloudのように、iPhoneやiPadでiUSBport HDにアップしたデータを、Macでもすぐに共有して使うことができます。
iUSBport HD がサーバとして認識されます。
外出先で iUSBport HD を使う時にちょっと便利な機能が搭載。
本体に デバイスを挿入してスイッチを長押しするだけで、モバイルバッテリーとして機能します。(最大 5V 1A)
ドライブがバッテリーになってしまうという嬉しい機能。

バッテリーとしての安全性は、世界定番モバイルバッテリー「HyperJuice」でお墨付き。安心してご利用ください。
外出先では、iPhoneやiPad、スマホのモバイルバッテリーにも。
様々な設定。ハードディスクの情報。管理。
HDDの各種情報
専用アプリの設定画面から、iUSBport HD にセットしたハードをィスクの情報にアクセス。空きディスク容量を電源オフ時にも表示させたり、セルフモニタリング(S.M.A.R.T情報)する設定も。
オプション設定
Enable HFS+ Writing
iUSBport HDに内蔵した2.5インチハードディスクのフォーマット形式が「HFS+(Apple拡張フォーマット)」の際、ディスクに対する書き込みを行いたい場合、このオプションを有効に。
Backup Folder
特定のフォルダを指定すると、その項目に対してバックアップが行われます。
Auto Power Off
指定した時間が経過すると、iUSBport HD本体の電源が自動的にオフとなります。
S.M.A.R.T情報
「Self-Monitoring」をタップすれば、ハードディスクの各種情報(不良ブロック情報など)が格納されているS.M.A.R.T情報を見ることができます。
※ハードディスクに内蔵された自己診断機能。読み取りエラーの発生率や読み書き速度、モーターの起動・停止の通算回数、出荷以来の通算の通電時間、ディスクが固定位置からずれた距離などを測定。
仕様
  • ◎USBポート:USB 2.0 および 3.0 ( 3.0 は PC ダイレクト接続用)
  • ◎ワイヤレススピード:4.5MB/s
  • ◎LCD ディスプレイ:液晶 Mono STN 128*64 バックライト
  • ◎SDカードスロット:SDXC/SDHC/SD/MMC( 256GB まで対応)
  • ◎充電率:DC 5V 2A
  • ◎バッテリー:3,850 mAh リチウムイオン電池(iPhone など、デバイスへの充電可能)最大約 8 時間駆動
  • ◎充電時間:約 4 時間
  • ◎同梱:充電用専用ケーブル(USB)
  • ◎ワイヤレスモード:アクセスポイントモード(Ad-hoc形式)/インフラストラクチャモード
  • ◎ネットワーク・サーバ:Web サーバ with extension、FTP サーバ /Samba サーバ/DLNA サーバ
  • ◎対応ファイルフォーマット:FAT32, NTFS, HFS, HFS+, exFAT, EXT 2/3
  • ◎利用可能 SATA ストレージ:

    • USB3.0 Specification Revision 1.0準拠
    • USB Specification Revision 2.0準拠
    • USB Mass Storage Class, Bulk-Only Transport Specification Revision 1.3対応
    • UAS Attached SCSI Protocol Specification Revision 1.0対応
    • Serial ATA Specification Revision 2.6準拠
  • ◎対応デバイス:Apple iPhone / iPad / iPad mini / Android / その他の Wi-Fi デバイス USB マスストレージ対応デバイス
●ディスクセット(ドライバー同梱(約5分以内でセット可能)
●USB3.0 ケーブル同梱
●取り扱い説明書同梱(日本語)
※HDD / SSD の厚さは 9.5mm までセット可能です。
23,760通常価格   完売  
あなたのAppleデバイスを
ハイパーにする。