Tokyo Mac Blog - Appleの道具 / 28

 

【レビュー】HyperDrive 6-in-1と、3機種比較

 

MacBook Proも、MacBook Air 2018も、iPad Pro 2018にも使用できるHUBとして人気の世界定番HyperDrive【SLIM】【SOLO】に続き、3つめの【6-in-1】がデビューしました。この新製品をご紹介。そして、この機会に3つのHUBの「違い」もチェックしておきます。

 

【6-in-1】は、かなりスリムなスティック型というユニークで、シュッとしたデザイン。ポート数は6個で、こちらもシンプル化されています。ポート構成をチェック。

 

 

USB-Aポートは3個。シリーズでは最多。

 

 

こちらは既に必須のHDMIポート。もちろん、4K 3840×2160 @30Hzm対応

 

 

そして、最近人気のイーサネットポートも搭載。

 

 

TYPE-C 充電ポート。もちろん、PD対応。

 

というポート構成で、他の2つのHUBとの大きな違いは「SD/microSDポート」が未搭載ということ。iPhoneカメラ専門で、デジカメにまったく無縁な人、ここ何年もSDカードに無縁な人。実はけっこう多いんじゃないかと。そうなってくると、無用の長物になってしまうので、バサッとなくしたのが6-in-1。

 

 

逆に「USB-A」ポートが3口で、外部ディスクなどストレージ系の接続が多い方には頼もしい感じ。そして、SDカードリーダーをカットしたためか「ひとつひとつのポートのレイアウトに余裕がある」から「ケーブルが混線しにくい」「ケーブルが接続しやすい」。こんな風にイーサネットとTYPE-C充電を接続するとスッキリとシュッと、まとまる感、アリ。コレはスティックデザインの勝利。

 

 

Hyper Drive3兄弟揃ったところで、各HUBのポートと特徴をまとめてみました。

 

3つのHUBを比較検討する。

まずは、3機種共通機能。MacBook Pro、MacBook Air、iPad Pro(いずれも最新モデル)対応というのは3機種共通。この3つのデバイスのうち2つ以上持っていたら、もう無条件に必携でしょう!というわけです。

USB-C PD充電(USB-C Power Delivery)。こちらももちろん3機種共通スペック。デバイスを充電しながらの各ポート使用OK。

 

 

 

USB-Aも、3機種共通。ただし、【6-in-1】のみ1個多く、3ポート搭載。ストレージ同時使用数が多い方に。

 

USB-Aポート。iPad Proでも使う。

 

iPad Proでの使用の場合、このUSB-AポートはiOSの仕様によりストレージ読込が出来ないので、「無意味・・・」と思いがちですが、なんと外部キーボード接続に使えます。

USBで接続するタイプのキーボードなら、3機種共にiPad Proにほぼ全てのキーボードが接続できます。

 

 

 

 

さらに、ロジクールなどのドングルを使用するようなワイヤレスキーボードも。

 

 

 

iPad Pro × キーボードの出番が多い方には固定式の【SOLO】がやっぱりオススメ。このスッキリ感!バシバシと打ち込みたくなる気分。

 

 

 

HDMIも3機種共通。4K対応。MacBookやMacBook Airはもちろんですが、iPad ProでもOK。

 

外部ディスプレイに接続。プレゼンなあなたにもうってつけ。

 

HDMIポート。

 

テレビに接続。ネフリ派のあなた、ゲーマーなあなたにもうってつけ。ホント、HUBひとつだけでiPad Proも一挙にやれることが拡張しますなあ・・・

 

 

HDMIで接続するタイプではなく、例えばApple LED Cinema DisplayなどminiDispray接続のディスプレイもOKなのが、【SLIM】のみ。ちなみに、iPad Proでもイケます。

 

 

さて、最近USB-CのHUBでちょいと注目されているのが、イーサネットポート。WiFiナシの状況、あるいはあってもイベント会場や建物の関係で受信状態が芳しくない時に大活躍のポート。LAN環境さえあれば、ぜひこのポートにイーサケーブルを。

 

ギガビット・イーサネットポート。

 

安定したサクサクネット。プレゼンでネット使う時などは、絶対に使っていただきたいポート。ネットの繋がり悪いと怖いですから・・・終わりますから・・・(体験済)

もちろん、iPad ProでもOK。イーサポートは【SLIM】及び新発売の【6-in-1】に搭載。

 

 

デジカメユーザーなら、やっぱり欲しいのがSD/microSDポート。巷にあるUSB-CタイプのHUBには必ずといっていいホドに搭載されているコレ。HyperDrive【SLIM】【SOLO】はiPad ProでもOK。画像に限らず、動画も読み込めます。(逆にSDカードポートは不要という方は【6-in-1】の一択かも)

 

SD/microSDポート

 

 

ポート搭載で、【SLIM】だけに搭載されているのが「3.5mmオーディオジャック」つまり、イヤフォンジャック。MacBookシリーズには最新モデルでもまだ搭載されているから基本的には不要。つまりこれは、iPad Proのためのポートと言っても過言ではないのです。

 

3.5mmオーディオジャック

 

やっぱり・・・という大方の予想通り、ご存知のようにiPad Pro 2018からはオーディオジャックが姿を消してしまいました。ということで、【SLIM】のオーディオジャックの出番!Bluetoothヘッドフォンの時代がやってきたとしても、やっぱり欲しいオーディオジャックであります。これは、みなさんもiPhoneで嫌という程経験済かと・・・。

 

という感じで、MacBook Pro、MacBook Air、MacBookのユーザーのみなさんは、HyperDriveのHUBの表をよ〜く見ていただいて、「自分が絶対に欲しいポート」「あっても邪魔にはならないポート」「いらないポート」の基準で決めていってください。もちろん、同じように大事なのが「デザイン」。ずっと使っていく相棒ですからね。

最後に、iPad Pro 2018の方のために、各Hyper Driveでできることをまとめておきましたので、お役に立てれば幸いです。

 

 

(TokyoMac編集部・ヨウジロウ)