Tokyo Mac Blog

【レビュー】NOMAD Sport Strap
新たなデザインと性能のスポーツストラップ。
マッシブでタフ。身体にはやさしく。

 

春・・・そして、大型連休直前の今、まさにピッタリのプロダクトが誕生です。

ホーウィン社製シェルコードバン使用という最高品質のApple Watchストラップを提案してくれたNOMAD社。今度は、まったく逆ベクトルのストラップ。

スポーツタイプの【NOMAD Sport Strap(ノマド・スポーツストラップ)】日本正式上陸でございます。

 

Forbs、Cult of Mac、Mac Sousces、gear diary、the gadgeteer 他、海外Apple情報サイトでは既にかなりの絶賛度。

 

スポーツストラップといえば、ほとんどの方はApple純正NIKEをご利用ではないでしょうか?そのどちらとも異なるデザイン、そして機能を持つ、新たなスポーツストラップが【NOMAD Sport Strap】なのです。

まずは、デザイン。こんな感じです。

 

 

もう、鋭い方はわかっちゃったかも。そうなんです。純正勢に比較すると太め幅デザインなんです。

 

 

裏面。こうして、ぽ〜んと何気に置いておいても絵になるでしょ?
着用してない時のスポーツタイプのストラップって、ちょっとだけ哀しい感じ、漂いません?アレが無いのです。外していても存在感アリアリ。

 

 

精悍な太め幅デザイン。

 

太めデザイン。マッシブです。精悍です。装着例をいくつか。

 

 

立体的フォルムとクロスハッチデザイン。

 

高品質なLSRシリコンを、立体的な面取りと、クロスハッチで構成したデザイン。カラバリで逃げずに、そのデザイン性、フォルムで勝負するところがNOMADスピリッツ!

もちろん、純正スポーツストラップ同様の気持ちいいソフトな弾力性。

もちろん、太めといってもApple Watchとのバランスがおかしい程太いわけではありません。逆にApple Watchの大きさ、幅に寄せてデザインした感が伝わってきます。

 

 

 

最大幅30mmまでの演出がデザインの要。

 

で、このマッシブな感じ、何もただ単に純正スポーツよりも太くデザインしたわけじゃないんですね。ちょっと純正の概寸を測ってみました。

赤が純正。青がNOMADです。

もちろん装着部分の35mmは共通。Apple純正は幅21mmが基本で、少しだけ太めにアールがあって筐体に到達、という感じ。NOMADは、24mmスタートで、絶妙なアールで筐体直前に最大30mmになるというワザアリデザイン。この30mmの部分があるから、マッシブに、精悍に感じるわけです。すべてが30mmだったら、それはコミカルになっちゃうわけです。

 

NOMAD Sport Strap単体のサイズ概寸。

 

装着部分直前の最大幅が30mmがあるから、マッシブで精悍なイメージになる計算。

 

ちなみに、サイズも純正の2サイズの間をとった【135mm】の1サイズのみ。その代用(?)として「子穴」の数が、10個搭載。長方形デザインだから逆に穴が多いのが単純にかっこいいデザインになるという魔法。150mmから250mmの手首までサポート。

 

裏面のデザイン。ブラックの部分にグレー部分が埋め込まれた立体的デザインです。

 

グレーカラーの裏面も存在感アリ。

 

愛用EDCたちと一緒に佇ませても自然に溶け込む。負けないデザイン性。

 

 

バックルは、ストラップ一体型。こちらは純正と同じですね。ポチッとしてキュッと押し込むシステム。やっぱり、スポーツタイプはコレが一番。太めデザインと相まって、装着後の安定感ハンパないですよ!

 

 

サイドから見ても、ほぼほぼフラットでキレイ。

 

タフな性能。

 

さて!機能性です。

NOMAD Sport Strapは、高品質の加硫LSRシリコン製。このNOMADのシリコンがすごい働きをするんです。

もちろんの防水。汗や海水にもグッド。これからの季節には必須仕様。

 

 

紫外線も無問題。既にゴールデンウイーク頃は、年間ピーク時の90%の強い紫外線があるとのことですので、この連休も安心。

 

 

そして激しい運動や作業時にも安心の横方向20Kgまでの動作でも、ストラップがWatchからはずれることはありません。

 

 

野球にゴルフにフリスビーに・・・思う存分、ブンブン腕を振り回してください。

 

 

イケてる立体デザインがそのまま機能的にも役立っているのがこの部分。装着部分の拡大図をご覧ください。Apple Watchに装着するとこの部分が、Apple Watchに装着されるメイン部分とは別に下からサポートするような感じになります。より、安心感アリという。

 

72時間塩ミストテストにパス。

 

安心感というところで、コレも重要!なんと、72時間塩ミストテスト(ASTM B117、ROHSに規定)にクリアしています。

低品質なシリコンとかゴムなどは、空気中の酸素や水分に長時間触れていると、腐食によって溶けだしたりするんです。たまに「倉庫の中で眠っていたデッドストックのスニーカー」とかあるでしょ?あるいは、あなたが大事にしていた思い出のエアジョーダンとか。フィギュアとか。で、何年かたって箱を開けてみると、シリコンとかゴムの部分がボッロボロになっていて涙!というよくあるアレです。

この腐食を防止するために、NOMAD Sport Strapには特殊な表面加工が施されているわけです。塩水を3日間浴びせるという過酷なテストで、その成果(=異常なし)がわかるという実験なわけです。

 

お次は、あなたの身体のための性能。Apple Watch自体が、急激にヘルスマシン化してるわけですから、ストラップもヘルシーじゃないと!

 

身体には、やさしく。

 

NOMAD Sport Strapに使用されている特殊シリコンは、生体適合性、抗菌性、そして低アレルギー性。生理学的な悪影響を及ぼす素材自体の毒性使用は一切ナシ!

真夏にゴム系のアイテムを装着して皮膚にアレルギーおこしちゃう人とかも安心してくださいませ。抗菌剤で加工されているので変な病気の心配も皆無。これから暑くなっていく季節。シリコンアイテムはNOMADのようにキッチリと品質管理されたアイテムじゃないと怖いっすからご注意を。

 

 

というわけで、マッシブ&立体的デザインで精悍に。そして、タフな性能。でも、あなたの身体にはソフトに。新たなカタチのスポーツストラップ誕生です。日本正式初上陸。この連休のレジャーから使える超・超オススメのブツです!

(ラストに・・・大きな声では言えませんがこのクオリティで純正よりも安いです・・・コスパッ!

★44mm/42mmのみ対応。★カラーリングはブラックモデルのみ。←このあたりの潔さがいい感じです。
(text: TokyoMac編集部 ヨウジロウ)

NOMAD Sport Strap 詳細・予約購入受付中