Tokyo Mac Blog - Appleの道具 / 28

【レビュー】NOMAD Apple Watch Stainless Steel Band

 

遂に出ました!待ってました。大ヒットApple Watch用ストラップの【NOMAD Titanium Band】の「316Lステンレススチール」バージョン【NOMAD Apple Watch Stainless Steel Band】の登場です。

 

 

 

 

その特長やデザインは、オフィシャルページを熟読いただくとして・・・このエントリーでは、みんなが気になる「チタンバンドとの違い」を中心に書いてみたいと思います。

 

もうお馴染みの「316Lステンレススチール」。オメガとかブライトリングパネライなどみなさんご存知の腕時計にも使用されている強度耐久性の秀逸マテリアル。もちろん、Apple社からも316Lステンレススチールリンクブレスレットが発売されています。

【NOMAD Apple Watch Stainless Steel Band】は、【NOMAD Titanium Band】のデザインをほぼそのままに、マテリアルだけが異なる(316Lステンレススチール)というモデルになります。カラー展開も、シルバーブラックでチタンと同様。

シルバーモデル。ビジネスシーンでのフィット感、Appleデバイスとのマッチング感。チタン同様、ブラッシュドシルバー仕上げです。

 

 

 

ブラックモデル。こちらもビジネスにはもちろん、カジュアルにも使える感。最近は女性もあえて44mm/42mmで大きめウォッチをチョイスすることも多いらしいですよ。細い腕にちょいデカめウォッチという組み合わせが可愛いことを知っているという。

 

 

こちらは男性による装着。その他、オフィシャルに装着画像が多数アップされていますので、必ずチェックを。

 

 

クラスプもチタンモデルとまったく同じ「スリム」なデザイン。「カチっ!」と心地よく装着できます。

 

チタンと316Lステンレススチールを比較する。
最大の違いは、その重さ。

 

さて、ここからはチタンモデルと316Lステンレススチールの比較です。

 

●最大の違いは重さです。

貴金属の中では最軽量レベルとも言われるのが、チタニウムですから、当然、スチールとは重量が異なります。2個分のピースで比較してみましょう。

倍に近い重さの差となります。

 

 

このトピックだけ読むと「重すぎるんじゃ・・・」と思いがちですが、まったくそういうことじゃありませんよ!あくまでもこの2種類のマテリアル縛りでの比較の話ですからね。

チタンの軽さは特殊です。貴金属並みの耐食性を持つ金属の中で、最も軽い金属がチタンなのです。

つまり、こういうことです。重量が最大の機能の違いなわけですから、どっちの機能が好みかはあなた次第という。

Apple Watchのストラップは「軽ければ軽いほど良い」という方はチタンモデル。
Apple Watchのストラップは「ある程度の重さがあった方が良い」という方は316Lステンレススチールモデル。

あくまでも2種類縛りの比較なわけですから、どちらかが「重すぎる」「軽すぎる」わけではありません。

 

●光沢感が微妙に異なります。(特にシルバー)

 

チタンとスチールですから、その色目が微妙に異なります。どっちがどっちだと思います?

 

光沢感の違い。

 

左・・・チタン。

右・・・316Lステンレススチール。

 

そうです。同じシルバーでも(チタンと比較して)若干光沢感が強いのが316Lステンレススチール。(スチールと比較して)光沢が弱いのがチタニウム。あくまでも2種類で比較しての話ですので「光沢感が強すぎる」「光沢感が弱すぎる」という話ではありません!

 

向かって左がチタンモデル。右が316Lステンレススチール。

 

ブラックモデルの方は、さらに見ための2つの違いがわからないかもしれません。

左・・・316Lステンレススチール。

右・・・チタン。

 

 

ブラックの場合、チタンの方がやや(ホントに微妙に)光沢感がある感じ。ブラックの場合、それぞれの素材に「PVD処理」を施すことからこの微妙な違いが現れるわけです。こちらもあくまでも2種類で比較しての話です。シルバー以上に、ブラックはチタンとの見た目の違いはほぼ無しと言えます。実際に持ってその「重さの違い」で初めて気がつくわけです。

 

以上のように「重さ」と「色目(光沢感)」が最大の違いです。その他のデザインはほぼ同じです。

そして、下記のようなほぼ共通の特色も覚えておいてくださいませ。

 

●汗・水・海水にも強い

●低金属アレルギー

316Lステンレススチール・・・金属アレルギーの原因のひとつである金属イオンが溶け出さない(医療用手術用具にも使用)。

チタン・・・人の肌と触れても無反応。チタンイオンは肌に移動しない。強度のための(アレルギー原因の)混合物一切無し。

 

もちろん、こちらも共通機能。カスタムリンク。手首のサイズに合わせてフィット感を調整可能です。簡単にリンクを脱着できるツールも同梱。

 

 

ステンレススチールか?チタンか?・・・迷うところです・・・よね? あとはもう、予算に合わせてって感じでしょうか。ちなみに(というかここ重要なのですが)チタンモデルも316Lステンレススチールモデルも、Apple純正316Lステンレススチールリンクブレスレットよりもだいぶローコストで導入できます。

 

NOMAD Apple Watch Stainless Steel Band 詳細・購入

NOMAD Titanium Band 詳細・購入