Tokyo Mac Blog - Appleの道具 / 28

【レビュー】AlsterPlus 2020 with iPad Pro/iPad Air (前編)

 

 

iPad Pro/iPad Air ユーザーの方、大注目のマシン【AlsterPlus 2020】が新登場です。

MacBookシリーズユーザーの方々には既にお馴染み【AlsterPlus(アルスタープラス)】が新たに、「 iPad Pro/iPad Air 2020完全対応・iPadOS完全対応モデル」になっての新登場です。もちろん、AlsterPlus 2020は、MacBookシリーズにも完全対応ですが、このエントリーは「 iPad Pro/iPad Air ユーザーの方」のための解説とさせていただきます。(※iPad Pro 2020/2018、iPad Air 2020に対応しています。)

MacBookシリーズ(MacBook Pro/MacBook Air/MacBook)ユーザーの方々は、こちらのエントリーでお待ちしております。AlsterPlusの「何がスゴイのか?」テストしながら、徹底解説中!(随時更新)

 

 

冒頭から、結論。

AlsterPlus 2020は、「 iPad Pro/iPad Air 用の大容量モバイルバッテリーと iPad Pro/iPad Air 用のハブが合体した、2・in・1。これだけマシン。」ここのところ、ちょっとしたブーム(?)になろうとしている気配もある、「SSD搭載のハブ」。あちらも2・in・1。あちらがディスク。こちらはバッテリーというわけです。

まずは、 iPad Pro/iPad Air の「モバイルバッテリー」としての顔。

これはもう、 iPad Pro/iPad Air 用のバッテリーとしては、正真正銘「最強レベル」と言えるでしょう。もともと、AlsterPlusは「MacBook Pro 15/16インチ」での使用を想定して開発されたモバイルバッテリー。そのスペックは言わずもがな、なのです。以下、充実のスペックが並びます。

 

●デュアル100W USB-C PDポート

現在、類似モバイルバッテリーで100W USB-C PDポートが2個搭載されているものは、AlsterPlus 2020以外にありません。 iPad Pro/iPad Air を高速充電充電しながら、他の大容量バッテリーが必要なUSB-Cデバイスも同時に高速充電可能です。

 

 

●27,000mAh

外出先でiPad Proのバッテリー不足の心配は皆無です。クドクドと書くよりも、下記のスペックで一目瞭然。

AlsterPlus 2020 バッテリー容量 27,000mAh

iPad Pro 11 バッテリー容量 7,812mAh
iPad Pro 12.9(2020/2018)バッテリー容量 9,720mAh

 

iPad Pro 2020/2018共にApple公称のiPad Pro駆動時間最大10時間が、AlsterPlus 2020を使用することにより42時間以上に激変。もちろん、使用環境によって変動しますが、このスペックなら全くもって無問題です。

スペックがアップして、広角・超広角カメラLiDARも搭載のiPad Pro 2020、当然バッテリーもそれなりに使いますからこの余裕は助かります。

 

 

そして、AlsterPlus 2020には、ハブが搭載されていることにより、この大容量27,000mAhが活きてくるのです。

みなさんご利用の iPad Pro/iPad Air (あるいはMacBook)用のハブは、「バスパワー」駆動。つまり、 iPad Pro/iPad Air やMacBookから電源が供給されます。AlsterPlus 2020は、「バッテリーが搭載されているハブ」ですから、「セルフパワー」となります。 iPad Pro/iPad Air の方には電気供給の負荷がかからないわけです。

 

● iPad Pro/iPad Air 高速充電

もちろん、AlsterPlus 2020 USB-C PDポートでの iPad Pro/iPad Air 充電は高速です。最大30W。

 

 

iPad Pro/iPad Air 同梱のApple純正USB-C電源アダプタで、充電した場合。当然、遅いです。

 

 

 

●同時出力はMAX 156W

100W USB-C PD ✕2、18W USB-A✕2の4つのポートを使用した場合の同時出力は、156W。市場類似100Wモバイルバッテリー中、最高値です。

 

 

●パワーシェアリング(電力共有テクノロジー)搭載

 

複数のAppleデバイスを接続した場合、AlsterPlus 2020が自動検出して電力を共有。コレが搭載されているおかげで、複数デバイス同時充電の場青、各デバイスへ最適な電力を送り込むのです。

 

 

そして、以下の機能にもご注目。このあたりは「搭載されていて、当然です」という風情。

 

●パススルー

完全対応です。AlsterPlus 2020の本体の充電時も、同時にAlsterPlus 2020に接続した iPad Pro/iPad Air 他各Appleデバイスも充電されます。

 

●本体充電

今、 iPad Pro/iPad Air にご利用のApple純正USB-C電源アダプタや、サードパーティーのUSB-Cアダプタを、そのままAlsterPlus 2020の本体充電用アダプタとして使用OK。最短、1時間前後。15W〜100W までの各種USB-C電源アダプタが使用可。もちろん、アダプタのW数が多いほど高速で本体充電完了。

その他、AlsterPlus 2020のモバイルバッテリーとしての特長として、「充電時の安全性」も挙げておきたいところ。「このデバイス、4台同時充電して大丈夫・・・だよね・・・?」という心配はもちろん不要。たとえ最大出力156Wでブンブンとフルスロットで駆動している時も「過熱・ショートサーキット保護・50ºC 未満作動を記録しています。

このあたりは各メーカーのモバイルバッテリーのOEM開発会社としてのアイロゴテック社の得意とするところなのです。(旅客機のオフィシャルバッテリーにも使用されています)

 

そして、iPad Proの「ハブ」としての顔。

 

モバイルバッテリーとハブの合体!これこそが、AlsterPlus 2020のです。あなたの iPad Pro/iPad Air の「バッテリー容量が格段に増えて」「USB-Cポートが2個増えて」「USB-Aポートが2個加わる」のです。iPad Proのたった1個のUSB-CポートにAlsterPlus 2020を接続するだけで、強力なマシンに化けます。

 

 

「ハブも搭載されている」と一言で言っても、実はとても奥深い拡張性が待っているのです。まずは、これを知っておいていただきたいのです。

 

AlsterPlus 2020の4個のポートは、入力にも出力にも対応している。

 

単純に言うと、AlsterPlus 2020の全ポートは、入力にも出力にも対応しているからこそ、モバイルバッテリー(出力)にもハブ(入力)にも使えるわけです。 iPad Pro/iPad Air のポートは、もちろん入力にも出力にも対応しています。極端に言うと、AlsterPlus 2020によって、それが増えるということ。

iPad Pro/iPad Air のハブとしての様々な使い方をご紹介しましょう!

 

●USBメモリ・外付ドライブ

iPad Pro/iPad Air 用のハブでコレを利用しない人はいないでしょう的な代表的な使い方。iPadOSになってからは外部メモリの読み込みが可能になったわけですから、まさに iPad Pro/iPad Air でコレを使わないテはありません。

 

 

もちろん、複数ポートに挿入したUSBメモリ、外付ドライブに同時アクセスできますよ。最大3台のドライブにアクセスOKってわけですよ。

 

 

後半もAlsterPlus 2020で iPad Pro/iPad Air を拡張しまくり!(後編へ)

 

 

AlsterPlus 2020 詳細・購入