Tokyo Mac Blog - Appleの道具 / 28

【レビュー】Pods Pack

 

エアポッズを、「パック」する。

 

2019年末にAppleデバイス用の薄さ3.8cmの新感覚バックパック【Thin Pack】でデビューした、Appleデバイスのためのバッグやポーチなどに特化した日本発ブランド【MinZ(ミンズ)】。

待望の新作は、怒涛の勢いでユーザー急増が止まらない、みんな大好きあのAppleデバイス・・・「AirPods Pro/AirPods」用のポーチの登場です!

製品名は「Pods Pack(ポッズパック)」。

 

AirPods Pro/AirPodsの「ケース」は既にiPhoneケース並みに様々な種類があり、使っている方も多いかと。Pods Packは、AirPods Pro/AirPodsに装着するケースではありません。また、巾着型のポーチ、袋のようなモノでもない。

つまり、こういうことです!

 

 

AirPods Pro/AirPodsのチャージングケースごと、バンドで固定できるポーチ・・・というか、固定できる、保護できるので、むしろ「パック」と言いたいかな?そして、Lightningケーブルが同時に収納できるのもキモ。

 

 

なので、AirPodsのケースを装着したままでも、イケるわけですよ。AirPods Pro/AirPods専用の「コンパクトなパック」なのです。

 

 

このまま、バッグの中にポンと入れておくのにジャスト過ぎる!9cm×9cmのスクエアで、厚みも4.8cmと、ホントにジャストサイズなコンパクト感。各バッグのサイドポケットにもイイカンジに入るんです。

 

 

例えば、今年もみんな使いまくるであろう、すっかりと夏の新定番「サコッシュ」。基本的には袋状という特性のため、中身がガチャッとしがちなサコッシュでも、AirPods Pro/AirPodsをこのPods Packに入れて収納しておけば、Lightningケーブルも同時収納で、整理感この上なし。

 

 

そして、「機能&素材」的にちゃんとしているのがMinZブランド製品。Pods Packの特長をダダッと拾ってみましょう!

 

まずは、AirPodsケースを固定するゴムバンド。ここがすぐ伸びてしまうようでは商品性、失格。MinZの別プロダクト
「Adapter Pack」で既にこの固定バンドは定評、アリ。AirPodsチャージングケースもガッチリと支えます。劣化もしにくい仕様。

 

 

Lightningケーブル収納用のフタ部分のメッシュポケット。お家ではワイヤレス充電という人も、外出先でのもしもの時のためにもLightning充電用ケーブルが同時に収納できるのは、精神安定剤的にも絶対に良いのです!小口がゴム仕様になっているので、ケーブルをある程度固定できるのも◎。

 

 

そして、ココも非常に重要。クッション。フワフワっとしたパッドが、AirPodsチャージングケースをやさしく包み込む、愛。もちろん、傷からもガード。

 

 

さらに、このクッションパッドは、フタのメッシュポケット部分にも施されていますから、Lightningケーブルさえも守ってくれちゃいます。

 

 

そして、コレも重要!超・重要。AirPods Pro/AirPods紛失を防ぐためのDリング搭載。ここに、トラッカー(現状はtileを。もうすぐ、Apple AirTagを。)を装着しておく。例えば、AirPodsケースに搭載されているようなカラビナにガチャガチャ付けるよりもスマートに自然にキマリます。このあたりは、ポーチというか、パックの強みでしょうか。

 

 

 

ナニゲに嬉しいのが、メイン素材部分の防水仕様。「バッグの中に入れるのに防水、いる?」・・・いります!特に夏、必須かも、です。バッグの中に入れたペットボトル水筒。いつの間にかその水滴が、他のアイテムにくっついちゃってビチャッとなった経験、ありませんか?あるいは、水筒の口がキチッと閉まっていなかったために・・・という恐ろしいシチュエーションも考えられます。・・・なもんで、なんにしても、防水です。

 

 

バッグの中で使うという流れで言えば、実はコレもワザアリ。ダブルジップのジッパー部分が角マル形状。スチールの鋭利なモノよりも、バッグの中の他アイテムを傷付けにくいというコダワリです。

 

 

さて、こういったポーチ、パック類で「劣化しやすい箇所」というのが確実に存在します。

それが、「フレーム」「ヒンジ」。よくある安物のバッグや財布の場合、フレームのワイヤーがカバーを突き破って・・・てのを経験したことある方、かなり多いかと・・・。Pods Packのフレーム部分のワイヤー、ワイヤーカバーがしっかりと作製されています。

 

 

フタの開け締めで頻繁に力のかかるヒンジ」部分。ここは、内部からも、外部からもサポートされているツクリで強くできていますので、当然、劣化も少なく済みます。

 

 

という感じで、仕様的にもキチンと詰めてあるのがMinZプロダクツ。それは、この新作のPods Packにも反映されているのです。

 

MinZ Thin PackとPods Pack

 

じ〜つは、「ありそうでなかった」、というか「こういうのが欲しかった」。AirPods Pro/AirPodsのための「パック」です。そして、MinZはこの「ありそうでなかった」「こういうのが欲しかった」感のある、Appleデバイス関連バッグやポーチをシリーズで展開中なわけです。ぜひ、コンプリを。

 

Pods Pack 詳細・購入