Tokyo Mac Blog - 未分類 / 1
 

【レビュー】Thin Sling for iPad(後編)

Fidlock®、Duraflex®、モジュールアクセサリシステムなどハードウエアパーツも大注目なのです。

(→前編からの続き)

Thin Pack 2.0に搭載されたことで大好評の「キーリングシステム」がこのThin Slingにも搭載されています!しかも、フロントと背面の2箇所に搭載というギミック強度に注目です。

フロントのシステムは、長めのストラップが付属。カギを装着しておけば、バッグの中をゴソゴソと探すこともなく、さらにバッグからいちいち外す必要もなく(外して使うのも瞬時に)ササッとドアオープンが可能です。ちなみに、このキーリングシステムのストラップも各バッグカラーと同系色使いというコダワリまで込みで堪能しましょう!

 

 

そして背面。こちらは短いストラップが搭載されています。ここはほぼ固定。つまり、アレにピッタリ。そう、AirTag固定用。みなさん、AirTagはバッグのどこに収納していますか?このキーリングシステムさえあれば収納場所は迷わずここ。あなたのThin SlingはAirTag対応スリングバッグになるという算段。まさに2箇所搭載のキーリングシステムだけで、時短盗難防止(紛失場所発見)という役目を果たしてくれるってわけです。

 
 

Fidlock®(フィドロック)とDuraflex®(デュラフレックス)。

 

さて、とっても大事なハードウェアパーツの解説もしなければなりません。フロントのフラップ(蓋)開閉に使用されているバックルは、世界定番「Fidlock®(フィドロック)」が採用されています。

 

 

ドイツ製のラッチシステムで あるこのバックルは、とにかく開閉がシンプルでスピーディー。固定はストッパーの片側をもう片側に近づけるだけ。 外す時も、横に軽くスライドするだけ。独自マグネットシステムが成せるワザで、世界の様々なバッグやアウトドア用品にも採用されています。(楽器の)フィドルのケースがそのオリジンであり、製品名の由来というウンチクはぜひに検索してみて!

 

Thin Slingの贅沢なツクリは、このフィドロックは、メインのみならず、サブストラップとも言える「スタビライザーストラップ」(この後に詳細アリ)にも搭載されているという点。MinZのコスト採算度外視的なコダワリを感じましょう!!

 

 

さらに、背面のメインストラップにはDuraflex®(デュラフレックス)仕様。ストラップを頭から被ることがイヤな場合(ヘアスタイルをバシッとキメた時や帽子着用時など)には、コイツをカチャッと外して脱着すれば良し。のスマートパーツ。
そして、タフでスムーズ。本格的なアウトドア用バックパック、軍関連の現場で使用されているのです。このThin Slingに使用されているのは、Duraflexの、Xlite® Easy Access Non Adj. Buckleというパーツ。 「X」型のデザインが美しいのでございます。

 
 

スタビライザーストラップと、モジュールアクセサリシステム。

 

サブストラップというか、所謂「チェストストラップ」的な役割を果たす「スタビライザーストラップ」なるツールが付属。コレがまたまた秀逸!

 

 

まずは基本の使い方。どういう時に使うか?激しく身体を動かして(自転車やバイク移動時など)で移動する時に、Thin Slingを身体に密着させてくれるストラップとなります。

付け方は至極簡単。❶の部分をメインのストラップに装着(スナップボタン)。

 

 

❷のカラビナ状の部分を、Thin Sling本体のストラップリングにカチャリと装着。

 

 

これだけ。これでボディフィット!

 

 

そして、それだけじゃない!Thin Pack 2.0では既に大好評・絶賛搭載中の「モジュールアクセサリシステム」なる小賢しい(笑)ギミックがこのThin Slingにも採用されましたっ!

このレッドのタグが装着された部分は、マグネットが内蔵されて、スタビライザーストラップにカチャっと簡単脱着OK(ガッチリ固定もされます)。

 

 

で、ココにこれからMinZからリリースされる様々な拡張ツールを装着しておけるってワケです。既に第一弾がリリースされています。「AirPodsポーチ」。

 

 

ハック的に、というか余談的ですが、マグネット仕様のシステムなので、使用しない日にはこうやって冷蔵庫だの、スチール製の家具だのに貼っておけば楽々、かつ確実に紛失しない保管方法になるという算段。

 

 

保護性能のためのマテリアル。

 

Thin Slingのマテリアルの解説もしておかねば。様々な保護機能が仕掛けられております。雨天問題なし!の、撥水仕様の表面。防水ではなく、撥水

 

 

布なのでササッと拭けだけで、キレイサッパリです。防水ではないので、拭いた箇所はすぐに乾いていきます。

 

 

さらに、フロントと背面のジップ部分には世界のYKK社の「防水ジップ」が使用されています。これで、収納アイテムを雨や塵などから守ります。

 

で、内部はどうなのか?ご安心ください。内部のあらゆる箇所がすべて「リップストップナイロン」で敷き詰められています。リップ(裂ける)を、ストップさせる補強技術。強度、摩擦に耐久可能なナイロンを格子に組み込むことにより、万が一裂けても縫い目で抑制される賢い技術。素材。
アウトドア用品レベルの強度です。

リップストップナイロン

ラストに。もうお気づきかと思いますが、このThin Sling、なんとメインにはMinZのロゴはレイアウトされていません。無印となっています。あくまでもこのバッグの「主役は、iPadとあなた。Thin Slingはそのお手伝い」という感じで。なので、バッヂだのピンズだので遊んじゃってもいいのです。バッグはあなたの生活の中のツールである、という趣で。

 iPadとAppleデバイスをスイッと入れて出かけるための、スリーブケースのようにスリムなスリングバッグ2022年のあなたのiPadと、あなたの新たな毎日の生活を一緒に過ごす相棒としてオススメなツールなのです。

 

(text:TokyoMac編集部 ヨウジロウ)

【前編へ】Thin Sling for iPad

Thin Sling for iPad 詳細・購入